2021年11月の記事一覧

校長日記 教職員対象「教育相談研修会」にて

11月25日(木)先生方を対象とした「教育相談研修会」が行われ、多くの先生方が参加され、多くのことを学びました。今回の研修会では、独協医科大学埼玉医療センター・こころの診療科・尾形広行先生をお招きしました。

話題豊富な尾形先生  研修会の様子  具体的な事例を紹介しながら

「思春期の精神疾患と発達障害」と題し、高校生(思春期)の特性・問題と賞状の見方・睡眠の重要性・「コツコツ型と情熱実行型」など、様々なトピックに触れながら、分かりやすい講義をしていただきました。先生方も熱心に学び合いをしています。

校長日記 書道部&音楽部パフォーマンスにて

11月23日(火)ウニクス川越(ウェスタ川越隣接施設)にて、川越市税務署の依頼をいただき、本校の書道部が音楽部とのコラボレーションによるスペシャル・パフォーマンスを披露しました。天候に恵まれ、会場は観客でいっぱいの大盛況でした。また、報道関係者(テレビ埼玉・JCOM)の方々も駆けつけ、各部の部長が取材を受けました。

さあ、気合を入れて  コラボレーション  まずは最初の作品

パフォーマンスは二部構成で、前半が音楽部の合唱パフォーマンス。そして後半は書道部と音楽部とのコラボレーションでした。音楽部のポップな歌声に合わせ、書道部の生徒たちが次々に文字を描き、作品が出来あがった瞬間、会場からは大きな歓声と拍手がわきました。

後半の作品へ  次第に作品が仕上がっていく  作品の出来上がり!

税の啓蒙  記念写真  インタビューを受ける部長

コロナ禍において、なかなかパフォーマンスが思うように実現できていませんでしたが、今回は詳細な打ち合わせを何度も繰り返し、顧問の先生方の指導の下、なんとか本日を迎えることができました。税に関する啓もう活動の一環としてのパフォーマンスでしたが、音楽部・書道部の合同パフォーマンスを通して、お互いに今まで経験したことのない機会を得ることができました。さらに、今回は書道部が使用した用紙のデザインを美術部が作成するという、まさに本校芸術のコラボレーションとなりました。書道部・音楽部・美術部のますますの活躍を祈っています。

【テレビ埼玉で放送(11/23夕方)】

パファーマンスの様子  部長のインタビュー  放送された内容

校長日記 SSG1・ピタゴラスイッチ企画にて

11月22日(月)放課後、SSG1を対象とした「ピタゴラスイッチ大会」が物理室にて開催されました。SSG1クラスの1年・2年が混ざったチームにより、設計・運営などを競う校内企画です。ほぼ完成した自慢の仕掛け装置が披露され、各チームが順番に発表しました。

ルール説明など  うまくいくかな  さあ、いくよ

かなり複雑かな  落差がありますが  思うようにいきますか

設計したものの、なかなか思うようにボール(ビー玉)が転がらなかったり、想像しなかった動きになったり、結構難しいものです。スタートからゴール(ボールが停止する)までの時間、そしてボールの回転数に応じたボーナス点を加点して競いました。1・2年の合同チームなので、普段会話をする機会のない生徒同士でしたが、積極的にコミュニケーションを図っていました。今後に繋がる良い経験だったと思います。

校長日記 第64回埼玉県高等学校・美術展(高美展)にて

11月21日(日)第64回となる「高美展」に出向き、川女生はもちろん県内高校生の力作を堪能させていただきました。この展覧会は埼玉県立近代美術館にて、11月17日(水)から11月21日(日)まで開催されている、県内最大(高校生対象)の美術展です。この展覧会で上位入賞した作品が、次期「総文祭」に出品されます。今から、楽しみです。

【以下、川女生の作品の数々(平面部門・立体部門)】

入口付近の様子  川女生の作品  油絵のコーナー

立体部門の作品  デザイン画のコーナー  川女生の立体作品

厳重な感染防止対策の下、展示コーナーごとに鑑賞しましたが、どの絵にも作者(高校生)の気持ちが入っており、アットホームな作品・迫力ある作品・アイデア詰まったユニークな作品など、時間を忘れてしまうほどの空間を感じました。川女生の作品も展示され、個性あふれる作品に心が洗われました。さらに磨きをかけて、素晴らしい作品を創造することを願っています。

校長日記 1学年出張講義「作家・北村薫先生を迎えて」

11月18日(木)午後において、1学年を対象とした出張講義が行われました。本年度は、本県ご出身である作家・北村薫先生をお迎えし、「本を読むことの楽しさ」と題し、ご講演をしていただきました。校長室では、もともと高校教員のご経験もあり、とっても気さくにお話をさせていただきました。

全体の様子  気さくにお話する北村先生  熱心にメモを取る

語りかけていただく北村先生  生徒との対話を通じて  参加型の講演会

体育館での講演会は、北村先生のご希望もあり、本校生徒(図書委員)との「対話形式」により進行していきました。北村先生が生徒に質問などを投げかけ、生徒たちが回答・反応するというものでした。話はどんどん盛り上がり、本当に楽しい「学び」のひと時となりました。終了後も、応接室に何名かの生徒たちが駆け付け、北村先生を囲んでお話が続きました。「本を読むことの楽しさ」を改めて、今回のご講演で認識できたと思います。北村薫先生に深く感謝いたします。川女生のますますの飛躍を祈っています。  

 

校長日記 学校説明会(校内実施・第2回目)にて

11月13日(土)土曜授業の放課後、本校にて学校説明会が予定通り行われ、600名ほどの中学生・保護者の方々が来校されました。今回も分散会場・時差設定にて開催されましたが、どの会場(視聴覚室・生徒ホール)も緊張感もあり、かつアット・ホームな雰囲気の中、円滑に説明会は進みました。

 会場の様子  全体会の様子  真剣に聴きいる参加者

メモを取る参加者  生徒ホールの様子  進路指導のお話

前後入れ替えの時間を活用して、部活動見学の時間も設けさせていただき、実際に取組の状況を見学したり、部員(川女生)に質問をするなどの特別な時間になったことと思います。11月も半ばとなりましたが、自分のこれまでの取組に自信をもって、また高い志をもって、夢の実現に向かっていくことを願っています。

入試関係のお話  川女生活について話す  受験勉強についてアドバイス

説明会では、校長挨拶・学校概況・進路指導・入試全般という構成でしたが、前回の説明会と同様に川女生から「川女の生活」「入試対策」の観点で話をするコーナーも設けさせていただきました。ぜひ参考にしていただければと思います。本日は大変お疲れ様でした。川越女子高校は、皆さんを応援しています。

校長日記 PTA文教主催「小川和紙ワークショップ」にて

11月6日(土)PTA文化教養委員会(根本委員長)によるワークショップが生徒ホールにて開催されました。今回は「小川和紙」を用いた和綴じ帳の制作でした。60名近くの保護者が参加され、小川町役場・にぎわい創出課の保田様をお招きし、小川和紙の歴史・細川紙について講演をいただき、ワークショップとなりました。

開会の宣言  保田様のご講演  熱心に語る保田様 

文教委員の内田さんの指導  真剣に取り組む様子  徐々に出来上がってくる 

新井PTA会長のご挨拶の後、校長挨拶(近況報告等)と続き、保田様のご講演。そしてお待ちかねの「和綴じ」制作となりました。文化教養委員の内田さん(資格保有)の指導をいただき、また委員の方々のサポートにより、それぞれ個性あふれる「和綴じづくり」に専念しました。

皆さんの様子  素敵な貴重な素材  さあ、とじ込み

とじ込み作業中  保田様に感謝  完成品をもとに、記念写真

委員の皆さんのサポートのお陰で、無事に和綴じ作品を完成。参加者同士お互いに作品を見せ合いながら、創る喜び・楽しみを満喫しました。ホッとする瞬間がない昨今、心が温まる時間を過ごすことができました。「和綴じ」を大切に使わせていただきます。なんとか無事に予定事業を行うことができ、関係の皆さんに感謝いたします。

 

オーストラリアから本校へ、ALT着任。

11月1日の埼玉県教育員会での各種セレモニー・ガイダンスの後、本日(11/2)ALTが本校に着任されました。10月中旬に来日後、2週間の期間を経ての着任となりました。新しいALTは、Caroline Josephine Lefebvre先生です。オーストラリアのパースからいらっしゃいました。川女生の皆さんの学習支援などで、お世話になります。

校長室にて  日本語の手書き紹介文  これからお世話になります

英語科の先生方のご支援により、本校への着任は非常に円滑に進みました。また、川女生の皆さんにメッセージをお願いしたところ、英語と日本語で書いていただきました。以下をご覧になって、これから同じ学び舎で共に学んできましょう。どうぞ、よろしく願いします。

 

【英語にて(原文のまま)】

Hello Everyone!

My name is Caroline Lefebvre, please call me "Caro." I am 25 years old. I come from a sheep and crop farm in Western Australia, Australia. I like photography, animals, fashion and many other things.I speak a little Japanese, please correct me if I make a mistake. Please come to talk to me anytime in English or Japanese. I love to talk to people! So let's improve our speaking together.I am very excited to be at Kawagoe Girls Senior High School. I hope I can introduce and teach many things. Please ask me any questions! I look forward to meeting everyone!

【日本語にて(原文のまま)】

こんにちは、みなさん!

私の名前はキャロライン・ルフィーブです。「カロ」と呼んでください。今年は25歳です。私は西オーストラリアからきました。私の家は羊と作物の牧場です。私の趣味はしゃしんと動物とファッションといろいろ物好です。少し日本語を話します。間違えたら訂正してください。いつでも英語か日本語で話してください!一緒に改善しましょう!川越女子高校にいることにとても興奮しています!いつでも何でも聞いてください!よろしくおねがいします。