2019年5月の記事一覧

校長日誌 1年生対象「ネット被害防止講話」にて

5月28日(火)定期考査の最終日・考査終了後に、1年生を対象とした「ネット被害防止講話」が体育館にて行われました。講師として、全国ICTカウンセラー協会代表理事の安川雅史先生をお招きし、情報モラル教育とネットの怖さについてお話をいただきました。
全体の様子  安川先生のお話
当日は生徒だけでなく保護者や教育実習生も参加させていただき、安川先生の具体的な事例を交えた講話に傾聴しました。フィルタリング・スマホが与える学力への影響などにも触れ、メモを熱心にとる参加者の姿がたくさんありました。
保護者限定の講話  聴き入る生徒たち
また、全体講演会終了後、保護者を限定にした「特別講話」をいただき、「子どもと向き合う」ことを柱に、相談・信頼される親になるには・子どものサインを見逃さないこと、などについて熱心に語りかけていただきました。この講演会の機会をとおして、家庭でもSNSなどについて、お互いに話し合ってほしいと思います。有意義な二度とない高校生活を充実させるために。

校長日誌 PTA主催2学年保護者のための「進路勉強会」

5月25日(土)2学年保護者のための「進路勉強会」が行われ、30℃を超す暑い中でしたが、大勢の保護者の方々が来校され、会場の視聴覚室は2回とも満席状態でした。
皆川学年主任の挨拶  会場の様子 
弓削会長・校長・2学年皆川主任の挨拶に続き、髙荷進路指導主事による「勉強会」となりました。昨年度の入試結果分析・現2年生の進学希望分析・本校における類型選択・2年生でやるべきこと、などについて具体例を交えながら、細やかな情報提供・アドバイスとなりました。生徒たちは考査の真っ最中ですが、ご家庭でも本日の情報をもとに、ご指導・ご協力をお願いします。暑い中、PTA・進路委員会の方々には大変お世話になりました。

校長日誌 高P連西部支部総会にて

5月21日(火)夕方から川越市内のラ・ボア・ラクテにて、今年度の高P連西部支部の総会が開催され、弓削PTA会長・青山副会長・関根副会長とともに川女PTAとして参加してまいりました。
会場は熱気  事務局長のあいさつ
この総会をもって、幹事校である新座高校が市立川越高校にバトンを渡すことになりました。これまで西部支部をまとめていただいた新座高校の皆様に感謝いたします。事業計画や予算案、そして新役員案などが全て了承され、無事に総会が終わりました。その後の交流会では、各学校の役員の皆さんが活発に情報交換をされていました。

校長日誌 3年生保護者対象「進路勉強会」にて

5月18日(土)午後より、PTA主催の「3年生保護者のための進路勉強会」が行われ、大変大勢の保護者の方々が来校され、会場は収容人数ぎりぎりの大盛況となりました。川女に入学され、保護者勉強会は3年生の保護者にとっては5回目・最終回。熱心にメモをとられている姿が見受けられました。
主催者の弓削PTA会長あいさつ  視聴覚室の様子
今回は文系・理系会場に分かれ、本校の髙荷進路指導主事による「進路勉強会」及び昨年度本校を卒業した現役大学生による「卒業生との懇談会」の二本立てとなりました。それぞれ会場では、弓削PTA会長から挨拶をいただき、校長挨拶に続き、相原3学年主任の学年近況報告で始まりました。
卒業生の体験談  生徒ホールの様子 
「卒業生との懇談会」では、文系3名・理系3名の卒業生を招き、保護者からしてもらって嬉しかったこと等について、受験生としての目線から感想や要望などを提供していただきました。本日の内容を是非ご家庭でお子様とシェアーし、学習意欲の向上に役立てていただきたいと願っています。PTA進路委員会の皆さん、卒業生の皆さん、関係の先生方、大変お世話になりました。

校長日誌 「新体力テスト」で力を発揮

5月15日(水)今年度の「新体力テスト」が実施されました。授業時間を調整しながら、各学年ごとに実施時間を設け、久しぶりの快晴の中、実施要項に沿って先生方のご協力のもと、全校実施となりました。
50M走  ゴール!!
グランドでは、ボール投げ・50M走が実施されていました。念入りに準備体操をした後、先生方の計測監督の下、生徒たちは、一生懸命に各種目に取り組んでいました。昨年より伸びました、と言葉を交わしてくる元気のある生徒もいました。
上体起こし  ボール投げの様子
また、体育館では、上体起こし・長座体前屈などが実施されていました。どのクラスも体育委員がリードしながら新体力テストの円滑な実施をサポートしてくれました。結果は後日集計されますが、自分の新たなる課題を知り、さらに向上していきましょう。皆さん、大変お疲れ様でした。

校長日誌 令和元年度第1回SSH課題研究発表会にて

5月11日(土)今年度第1回目となる「SSH課題研究発表会」が行われました。発表会では、2年SSG1から8本・3年SSG1から5本のテーマに沿った発表が行われました。また、5名の運営指導委員の先生方・教育局関係から3名の指導主事が来校され、発表に対する指導講評をいただきました。
全体の様子  町田運営指導委委員長の挨拶
2年生は発表までの準備期間が短かったにもかかわらず、動機・仮説・実験・考察・今後の展望について、堂々とした姿勢で発表しました。一方、3年生はこれまで試行錯誤を繰り返しながら、経験と実証に基づいた内容レベルの高い素晴らしい発表を行いました。
発表の様子  会場の様子
11:30に始まった発表会は、途中休憩を挟みながら14:50に終了しました。また、会場には昨年卒業したOGや多くの保護者の方々の姿もありました。発表会終了後、別室にて第1回運営指導委員会が開かれ、研究開発実施上の課題及び今後の方向性などについて協議や意見交換がなされ、運営指導委員の先生方から多くの示唆をいただきました。当日発表した生徒の皆さん、発表会を運営した生徒の皆さん、発表会に参加した生徒の皆さん、関係の先生方、大変お疲れ様でした。次回は1月25日(土)の開催となります。

校長日誌 令和元年度 PTA、後援会等総会にて

5月10日(金)今年度のPTA・後援会・体育文化振興会・空調設備等設置運用委員会の総会が行なわれ、役員や一般会員の方々が大勢来校されました。PTA会長に続き各代表の方々からご挨拶をいただき、事前に配布させていただいた総会資料をもとに協議が行われました。
弓削PTA会長挨拶  会場の様子
前半は、平成30年度に関わる事業報告・決算監査報告が行われ、続いて「会則」の改正案が審議され、すべて承認していただきました。また、役員改選案も可決され、いよいよ新体制の発足となりました。
校長挨拶  箕輪後援会長へ感謝状
新体制となって、総会の後半では、令和元年度に関する事業案・各予算案が審議され、すべて承認していただきました。総会は皆さんの協力により円滑に進み、最後に、大きな力をいただいた旧役員の方々に感謝状を渡させていただきました。
総会終了後、各教室では担任によるクラス懇談会が行われました。

校長日誌 令和元年度第1回定例生徒総会にて

5月9日(木)午後より、今年度第1回目となる生徒会の定例総会が体育館で行われました。開会の言葉・生徒会歌斉唱と続き、会長からの挨拶があり、総会は始まりました。
全体の様子  各種委員長から
議長団が選出され、平成30年度の各種活動報告や決算報告が行われ、その後今年度の生徒会本部前期活動方針案などが提案され、すべて無事に可決され承認となりました。
新メンバー  新会長の挨拶
現在の本部役員の任期満了に伴い、田中生徒会長さんの挨拶に続き、新会長である能勢さんから代表の挨拶がありました。バトンが新しい役員に渡されました。ますますの活躍を祈っています。
関東大会へ  仲間の応援
生徒総会の終了後、その場で「関東高等学校ソフトテニス大会(関東大会)」のダブルスに出場が決定した中島さん(3年9組)・鈴木さん(3年5組)の壮行会が開かれました。ソフトテニス部の仲間のエールもあり、全校で出場を祝い、大会での健闘・活躍を祈念しました。これまでやってきたことに自信とプライドをもって、邁進してほしいです。

校長日誌 GWの川女(その4)

5月3日(金)和光市にあるサンアゼリア大ホールにて、弦楽オーケストラ部第28回定期演奏会が行われました。春らしい爽やかな天候の中、生徒・保護者をはじめ近隣の方々など大勢の皆さんが来場されました。
入口の看板  開演前の様子
開場前から受付入口は大行列となり、大ホールはあっという間に満席状況となりました。緊張の中、開演の合図とともに第28回定期演奏会が始まりました。定演は2部構成で、第1部(String Orchestra Stage)・第2部(Orchestra Stage)。今回は本校マンドリン部及び東海大附属相模高校吹奏楽部とのコラボレーションでの定演でした。
見事な演奏  圧巻のフィナーレ
第2部では、「虹色の光景」の作曲家・村松健太郎氏が自ら曲紹介をされ、「大事な人を想いながら聴いてほしい」という言葉を想い浮かべながら演奏してくれました。会場からは大きなやむことのない拍手がわきました。最後は出演者全員で感動のフィナーレ。会場が一体となり、見事な演奏会は終わりとなりました。弦オケの皆さん、特に3年生の皆さん、大変お疲れ様でした。また、これまでご指導いただいた高山智仁先生、保護者の皆さん、顧問の先生方に感謝いたします。

校長日誌 GWの川女(その3)

5月2日(木)4校美術部展の中日、川越市立美術館・市民ギャラリーでの展覧会のレポートです。川越高校・川越女子高校・市立川越高校・川越工業高校の市内4校による合同美術部展覧会が行われています。この展覧会は5月6日(月)まで行われています。
入口の看板  川女のコーナー 
それぞれの学校の美術部の特徴がよく出ている展示会。たまたま地方から修学旅行に来た中学生たちも展示された作品に声をあげて鑑賞していました。
中学生も感動  ゆっくりと鑑賞
どの作品も思いの入った素晴らしいものばかり。立体部門は、かなり精密な出来栄えの作品が目立ちました。また平面部門も、かなり手の込んだ作品が多かったです。
立体の作品  4校が競い合う
GWの真っただ中ですが、ひっきりなしに来場する方々の姿がありました。しばし、ホッと一息できる時間をいただきました。美術部のさらなる活躍を祈っています。また、当番で受付を担当したり、搬出・搬入・展示など大変な作業に感謝します。お時間がありましたら、ぜひ市立美術館の市民ギャラリーまでお越しください。