日誌

2017年12月の記事一覧

全校集会・壮行会

12月25日(月)、体育館で全校集会・壮行会を行いました。
全校集会では、校長、進路指導主事、生徒指導主任が話をしました。
はじめに、校長が次の2つについて講話をしました。
①二宮尊徳の言葉「遠くを計る者は富み、近くを計る者は貧す」を紹介し、
高校時代の勉強は「未来を創る教養」であり自分の将来に向けた投資であるという話をしました。
②川女生が近所の方へ挨拶をしたことで、お礼の電話をいただいたことを紹介し、
挨拶は人間に備わった「品」の現れである。状況に応じたきちんとした挨拶の大切さについて話しをしました。
生徒の皆さんにとって、平成30年、2018年が良い年となるよう祈念するとともに、
1月9日には元気な姿を見せ、新たな気持ちで第一歩を踏み出せることを願って校長講話としました。

次に進路指導主事は、進路について「最後まで、頑張り抜くことが良い結果につながる」
「1、2年生は、3年生の姿を見て頑張ってほしい」と話しました。

生徒指導主任は、平成30年度から自転車保険加入義務化、SNSでの犯罪被害防止等について話をしました。

26日(火)から冬休みに入ります。事故やけがなく、
生徒の皆さんにとって有意義な冬休みになることを願っています。
 
壮行会では、1月に全国大会に出場するカラーガード部、インターハイに出場する佐藤野乃さん、関東大会に出場する髙尾みづきさんを紹介しました。
また、校長、生徒会長が激励し、生徒会から花束を贈りました。
生徒の皆さんの活躍を期待しています。頑張ってください。
 
0

男女が共に活躍するための意識向上プロジェクト

12月21日(木)、1学年は、LHRの時間を利用して、女性経営者など、埼玉県で活躍されている女性の方々を講師にお招きし、クラス別座談会を行いました。
講師の皆様から、体験談や助言を伺いました。講師の皆様、ありがとうございました。
生徒の感想を一部紹介します。
「私は、今回の講演で女性が働くことの大変さを改めて感じた。
将来のことについてまだあまり詳しくは考えられないけど、一女性として自分なりに頑張って、
社会に貢献できるようになれたらと思っています。」

0

放送部 関東放送コンクール出場決定

11月19日(日)、高等学校放送コンクール県大会朗読部門で優良賞受賞の高尾みづきさん(2年生)が、選考の結果、
平成30年1月に、神奈川県で開催される第13回関東地区高校放送コンクール朗読部門へ出場することが決定しました。
おめでとうございます。関東大会でも頑張ってください。

0

フィギュアスケート インターハイ出場決定

10月に開催された、第9回 AUTUMN KOBATON(オータムコバトン) フィギュアスケート競技会」(無級~ノービスA)兼全国高等学校フィギュアスケート競技選手権大会県予選会において、佐藤 野乃さん(1学年)が第4位に入賞しました。
その結果、平成30年1月22日(月)から1月26日(金)に山梨県小瀬スポーツ公園アイスアリーナを会場にして行われる第67回全国高等学校スピードスケート競技・フィギュアスケート競技選手権大会への出場が決まりました。
全国大会への出場おめでとうございます。インターハイでも頑張ってください。
0

高校生のための教員志望者説明会

12月19日(火)放課後、高校生のための教員志望者説明会を行いました。
県教育局県立学校部教職員採用課の担当の方から
①教員の魅力について
②教員になるために
③埼玉県の求める教員について
④研修について 
を中心に、大変分かりやすく説明をしていただきました。
「教員の魅力について」では、「教員は人間の成長に携わることができる魅力的な仕事です。」
などお話をいただき、生徒は真剣に聞いていました。
参加した生徒の皆さん、教員を目指して頑張ってください。


0

第4考査

12月11日(月)~14日(木)の期間、本校は第4考査を行っています。
川女の自習スペースは、いくつかありますが、写真のとおり、考査期間に限らずいつも満席です。
寒さが厳しい時期になりました。
生徒の皆さん、風邪をひかないように体調に留意してこれからもがんばってください。
 

0

第15回高校生科学技術チャレンジ 科学技術政策担当大臣賞受賞

12月10日(日)、日本科学未来館で、世界で活躍する科学者や技術者をめざす高校生たちが研究成果を競うコンテスト「第15回高校生科学技術チャレンジ(JSEC)」(朝日新聞社、テレビ朝日主催)の審査会と表彰式が行わ、岡野美聡さん(1年生)が科学技術政策担当大臣賞を受賞しました。

 
0

NIE全国新聞コンクール 最優秀賞受賞

日本新聞協会主催の「第8回いっしょに読もう!新聞コンクール」の全国審査の結果が11月23日発表され、芦川琴乃さんが全国で最優秀賞を受賞しました。

以下の生徒が全国で優秀賞、奨励賞を受賞しました。
また、学校奨励賞も受賞しました。
優秀賞:安齋 愛さん、大塚 麻由さん
奨励賞:石川 結那さん、稲葉 萌さん、室谷 咲紀さん
0

県科学展 教育長賞受賞

10月27日(金)~30日(月)、第69回県科学教育振興展覧会中央展が開催され、本校から出品した「水生食虫植物ムジナモの消化の仕組み」(笠原真珠さん・2年生)が最優秀作品9点に選ばれ、県教育長賞を受賞しました。
審査は、地区予選を通過した小中学校各40点、高等学校30点の計110点を対象に行われました。
0