2021年3月の記事一覧

関東近県SSH指定校合同発表会に参加しました

 3月21日(日)に、本校1,2年生SSG1の生徒が、オンライン開催された「関東近県SSH指定校合同発表会」に参加しました。この発表会には21校のSSH指定校が参加し、全体で52件の口頭発表、580件のポスター発表がありました。

 本校からは、口頭発表2件(「糖アルコールと糖類との還元性の比較」、「雪の結晶」)、ポスター発表9件(「銅の炎色反応と錆について」、「文書のレイアウトと内容理解」ほか)の合わせて11件の発表を行いました。
口頭発表の2グループはオンラインでの発表は初めてだったので、大変緊張しながらもパソコンに向かって発表し、質問に答えていました。

【口頭発表に参加した生徒の感想】

・とても緊張しました。今まで校内の発表会しかなく、他校の人、先生方に見てもらう機会がなかったので良い機会でした。コロナの影響で他の生徒の発表を聞けていなかったので、久々に刺激を与えてもらいました。

・相手の反応を見ることができなかったので、どのくらいのトーンで話したらよいのか、また質問に答えるタイミングを計るのが難しかったし、不安だった。コンピュータの動きが止まってしまい、焦った。

・今まで何度も発表してきたが、オンラインでの発表は初めてでとても緊張しました。他校の発表を見たら、川女とは少々違ったテーマが多く、地学では実際に山に登って研究している人もいて、自分もやってみたいなと思いました。自分の発表では何人もの人が質問してくれました。答えた内容がどういう風に伝わったかは分からないけど、今後の研究に生かせることも得られたので、残りわずかですが頑張ろうと思いました。

・パソコンやアプリの使い方に慣れていなかったため、発表中に戸惑ってしまいました。聞き手の様子を見ることができなかったので、学校での発表とは全く異なる緊張感がありました。もっと練習することが大事だと感じました。ポスターをじっくりと見ることができたのは良かったです。

0