書道部 最近の活動

2019年1月の記事一覧

書道部:第29回県西部新春書き初め秀作展&新春大型絵馬デザイン展

◇1月2日~8日まで開催された、第29回県西部新春書き初め秀作展(毎日新聞埼玉西支局主催、県教育委員会後援)の特別賞表彰式が、6日(日)に丸広百貨店川越店で行われました。
 今回は1年生17名、2年生名の10名、計27名が、日頃取り組んでいる漢字古典や仮名古筆の臨書作品を出品しました。その中から1年生の榎本茉央さんの出品した「臨筋切通切」が、第二席の特別賞「毎日賞」を受賞しました。さらに、第三席、特選「ふじみ野市長賞」には2年生の宮川ゆいさんの作品「臨本阿弥切」が、同じく特選「さいたま市長賞」に1年生の吉田瑠里さんの作品「和歌体十種」が選ばれました。
◆毎日賞の表彰式と榎本茉央「臨筋切通切」



◆特選:ふじみ野市長賞 宮川ゆい「臨本阿弥切」 ◆特選:さいたま市長賞 吉田瑠里「和歌体十種」
 

◇昨年末から1月14(月)まで、アトレマルヒロ7階の特設会場において「2019新春大型絵馬デザイン展」が開催されています。この展覧会は3年前からアトレマルヒロ様からの出品依頼を受け、本校書道部も参加しましています。地域に密着した企画催しということで、川越市内の中学・高等学校が絵馬を制作、展示しています。是非ご覧ください。

 
0