日誌

校長日記 「第73回紫苑祭」への想い

9月12日(土)・13日(日)に予定されていた第73回紫苑祭。不測の事態により、実施できませんでしたが、生徒の皆さんの熱い想いが伝わってくるオブジェが生徒ホール前の中庭にあります。今回の紫苑祭のテーマ「Circus」と「第73回」の文字の入ったオブジェです。本来であれば、大きな建築物の「門・アーチ」として、正門で来校された皆さんをお迎えすることになっていました。

オブジェの全貌 可愛い装飾 テーマの文字

残念ながら実現できなかった紫苑祭ですが、今夏に後輩たちにノーハウを伝えるという趣旨で、門の縮小版のオブジェをクリエーティブ班(門制作担当)の生徒たちが、暑い中、熱い想いを込めて制作展示してくれました。しっかりと、中央部に人が通行できるような通路空間が確保されています。

裏側の様子 真横の様子 正門の入り口として

紫苑祭が実現していたら、さぞかし可愛らしく・立派な門であっただろうと思います。生徒の皆さんの想いが込められている作品。今回は、このような形での発表となりましたが、必ず紫苑祭を行い、大勢の皆さんを迎えることが出来る日が来るにちがいない、と確信しています。紫実の皆さん、生徒会の皆さん、そしてクリエの皆さん、ありがとうございます。