校長日誌 春季スポーツ大会にて

4月17日(水)スポーツ日和の中、恒例の春季スポーツ大会が開かれました。例年よりやや早い時期でしたが、体育委員会が中心となって準備から運営まで行い、それぞれの種目会場は大いに盛り上がっていました。
開会式の様子  バスケットボールの様子
今大会の目的は、スポーツを通じてのチーム・クラス・学年の交流です。新年度・新学期になって、なかなか話せなかったクラスメイトと近づく絶好の機会です。お互いに汗をかき、声援を送っていました。
新種目・ペタンク  ドッチボール会場
今大会の種目は、体育館で「バスケットボール」・講堂で「ペタンク」・グランドで「ドッチボール」・テニスコートで「バレーボール」と盛りだくさんでした。特に、新種目のペタンクは大盛り上がりでした。
声援をうけて  バレーボール会場
お昼を挟み後半戦となりました。今回の大会をとおして、クラスメイトとの距離がぐっと近づいたのではないかなと思います。そして閉会式の前に、昨年度から始まった「エキシビション」。生徒チームと教員チームのバレーボール試合です。
大盛り上がり  たくさんの声援が
先生方の熱のこもったプレーに大きな拍手。生徒チームも負けていませんでした。なかなか勝負がつかず、3回戦まで行いました。先生方の結束を感じた楽しい「エキシビション」でした。
結果発表!  教頭先生の講評
そして、いよいよ結果発表です。種目別に発表されるたびに、該当クラスから歓声がわき、最後は教頭先生から講評をいただき閉会となりまた。体育委員をはじめ、皆さん大変お疲れさまでした。