校長日記 第74回紫苑祭・一日目。

9月11日(土)晴天の中、第74回紫苑祭が実施されました。感染症拡大防止のため、生徒及び教職員による「非公開」の開催となりました。昨年度は開催そのものが実施できませんでしたが、形を替えて何とか初日を迎えることができました。保護者のご理解・ご協力に感謝するとともに、これまで準備を進めてきた紫実・生徒会や関係の皆さんにも感謝いたします。

開催式の様子・生徒会会長あいさつ  紫苑祭実行委員長あいさつ  いよいよ開催

色とりどりの階段CM  活気づく校舎  インフォメーション・センター

まずは放送による開催式のため、生徒会会長・校長・紫苑祭実行委員長・他各担当部門長の挨拶が流れ、いよいよ待ちに待った紫苑祭が始まりました。各会場・各展示場等では、全校生徒が一体となって感染防止の徹底を図り、各イベント・アトラクション等が行われました。

華道部の展示にて  美術部のイベント  筝曲の演奏会

新体操部の演技  同窓会の展示コーナー  クリエ班が作成したアーチ

各種団体が体育館・講堂・視聴覚室・特別教室などにおいて、これまでの成果やパフォーマンスを披露しました。どの展示やパフォーマンスも、川女生の一生懸命さや思いが伝わってくるものばかりでした。今年度も正門前に大きなアーチ作品を展示することが出来ず、クリエ班が作成した約1/6の作品(紫苑祭テーマ:プリンセスに由来する「紫苑城」)が中庭に置かれ、写真スポットになっていました。

外のステージにて  有志バンドの演奏  カラーガード部の演技

書道部のパフォーマンス  圧巻の書道部作品  紫実の赤パーカー

生物部の展示品  外設置のテント販売  有志の演奏

また、これまで受け継がれてきている「華組」の演技・有志自由参加の「カンタービレ」の心地よいクラッシック音楽の音色など、校舎の至る所から文化の香りが漂ってきました。さらに、校庭ではイベントステージが特設され、書道部パフォーマンス・バンド演奏・男装コンテストなどが企画・運営されていました。

マンドリン部の可憐な演奏  ユーモアを交えたMC  人気の「華組」のパフォーマンス

英語劇部の英語ミュージカル  音楽部の演奏  3年音楽部ステージ

紫苑祭1日目は、皆さんのご協力により無事に終了となりました。感染拡大防止のため多くの制限・制約の中、様々な創意工夫を行いながら、力を合わせて何とか終了することができました。大変お疲れ様でした。明日は2日目、最終日となります。