日誌

校長日記 放送による「夏季休業前・全校集会」にて

 7月31日(金)、前期の夏季休業前における「全校集会」を放送により行いました。校長講話(下記参照)に続き、任期満了となったALTのNadine先生の「離任式」を実施し、Nadine先生から心温まる「お別れの言葉」をいただきました。また、生徒会からNadine先生に花束が贈られました。これまでの2年間のご指導に感謝するとともに、ますますのご活躍をお祈りしています。

放送による校長講話 ネイディン先生の言葉 感謝の花束贈呈

壮行会の様子 激励の言葉 花束の贈呈

 最後に生徒会主催による「壮行会」が行われ、書道部門・書道部・貫井綾菜さん(3-5)、そして自然科学部門・地球天文部代表・佐藤温さん(3-7)の紹介、花束贈呈などが行われました。今回の高知県総文祭は、WEBによる発表となりましたが、埼玉県代表として、ますますの飛躍を願っています。

 

《 夏季休業前全校集会・校長講話 概要 》                           
 皆さん、こんにちは。感染防止の観点から、今回の全校集会は放送による集会となりました。
 さて、去る2月27日に政府による「学校休校要請」が発表され、115日あまりに及び、学校の日常の機能が停止しました。その間、先生方で知恵を出し合い、議論を重ねながら、課題に加えて、ICTを活用した学びの機会を提供してきました。6月22日より通常登校が開始され、本日で40日が経過しました。
 まずは、健康管理・感染防止のために、これまで皆さんが様々な取組に協力してくれたことに感謝します。さらに、皆さんをサポートされてきた保護者の方々、そして常に前向きに皆さんや学校を支えてきた先生方に感謝します。
 一方で、大きな制限の中で卒業式や入学式を実施しましたが、様々な行事や大会、そして紫苑祭までが中止となってしまいました。本当に残念に思うとともに、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
 
 ところで、この度の事態を通して、皆さんは何を考え、何を感じたでしょうか。
私は、この度の事態を通じて、2つの大切なことに気づかされました。1つは、「繋がること」の大切さ。そして、もう1つは「矜持(きょうじ)」の大切さです。
 感染症防止としての「3密の回避」によって、長期間にわたり私たちは様々な「繋がり」が遮断されてしまいました。結果、「繋がり」がない世界で不安な生活を送ることになりました。「人は繋がって生きている生物(いきもの)」であることに気づくとともに、家族や友人の大切さ・ありがたさを身に染みて感じました。そして、もう1つは「矜持(きょうじ)」の大切さです。本日は、この「矜持」に焦点をあてて、お話をしたいと思います。

 皆さんは、「矜持(きょうじ)」という言葉を耳にしたことがありますか。「ほこへん」に「今」と書いて、「矜(きょう)」、「あわれむ・ほこり」とも読みます。その「矜」を持つ、ということで「矜持(きょうじ)」と読みます。「矜持」とは、「自信や誇りをもって、堂々と振る舞う」ということです。英単語で表現すれば、「Pride」「Dignity」「Self-esteem」の3つの要素を含んでいるのが、「矜持」なのです。
 この度の不測の事態によって、「自分」というものを見失いがちになってしまうこともあったでしょう。そんな時こそ、「矜持」とは何かを考えて欲しいと思います。皆さんにとっての「矜持」は何ですか。川女生である皆さんには、「川女生としての矜持」があると思います。それは、「学力の向上」「人格の陶冶」の源である「自主自律」の精神に他ならないと思います。
 ちなみに、「自信や誇りをもって、堂々と振る舞う」という「矜持」には、さらに「自身を抑制しながら堂々と振る舞う」というニュアンスも含まれています。
 先の見えずらい状況であるからこそ、「自己を見失わない」で「川女生としての矜持」を意識して、今後の高校生活を過ごして欲しいと願っています。

 明日から、23日間の夏休みが始まります。非日常の中での短い夏休みでもあります。どうか、計画的に、かつマネージメントをしながら、時間を有効に使い尽くして欲しいと思います。また、夏休み中は新館トイレの改修工事なども予定されています。皆さんに迷惑をかけてしまいますが、ご協力をよろしくお願いします。それでは、日々の健康管理をしっかり行い、充実した夏休みを送り、また元気な笑顔で会いましょう。