日誌

校長日記 第69回全国高P連大会・京都大会にて

8月22日(木)・23日(金)の2日間にわたり、69回目となる全国高P連・京都大会が京都にて開催され、本校からは弓削PTA会長をはじめ、4名で参加して参りました。天候にもなんとか恵まれ、いにしえの場所にて、大きな刺激を受けてきました。今後、本校においてご報告をさせていただきます。

4名で記念写真  大ホールでの様子

初日は開会式、続いて分科会への参加。弓削PTA会長とともに第一分科会「《よくできる》とはどういうことか?」という永田和宏・京大名誉教授の講話に続き、パネルディスカッションを拝聴しました。一方、世古口・大塚PTA副会長は第4分科会「高校生の人間関係について考える」という原清治・佛教大学副学長の講話に続き、若い層(高校卒業したたばかりの大学生)の生の声を交えたパネルディスカッションに参加しました。最終日は、永守重信氏による「学校教育・家庭教育に思うこと」と題した講演を拝聴しました。勢いのある核心に迫る講演でした。