日誌

SSHハワイ海外研修 2日目

2日目を無事に迎えました。
  午前中は、すばる天文台ヒロ山麓施設を見学し、講義を受けました。
天体観測にいかにこの地が最適であるか、正しい観測をするためには空気の揺らぎがない方が良いため、
払われている努力などを詳しく聞き、また天体観測を支える技術の高さに目を見張りました。
講義の後の質疑応答では、天文学についてや、銀河の形はどのように決まるのか、
などの質問が盛んになされました。
  午後は、Black Sand Beach に出かけ、日本の砂浜とは異なる溶岩から成る砂浜を観察。
たまたま岸辺で日なたぼっこをしていたアオウミガメたちとも記念撮影をしました。
  夜は、Maunakea State Reacreation Area で 星空観測。
山に登る途中の道では、溶岩流の跡や、野性の羊も目撃しました。
雲が切れるのを辛抱づよく待った甲斐があって、埼玉では観られない星が観測でき、歓声が上がりました。
標高2,000メートルの山は気温が低いので、みんなしっかり防寒して臨みました。
  今日も充実した研修ができました!