【SSH】東京農工大学工学部研修

 9月13日(火)は紫苑祭代休でしたが、2年生の生徒10名が参加し、東京都小金井市の東京農工大学工学部で研修を行いました。最初に、グローバル教育院 アドミッション・専門基礎教育グループ 教授の藤井先生から、東京農工大学の概要について、農学部、工学部それぞれの特徴、女子学生比率が比較的高いことや、理系の大学の研究室とはどんなところか、などの説明がありました。

 午前は、化学物理工学科教授 清水大雅先生の研究室を訪ねました。光の変化を検出することで、ガスの濃度を測るセンサを小型化する研究についての説明を聞き、実験装置を実際に動かしていただきました。

 午後は、機械システム工学科 安藤泰久先生の研究室で摩擦についての講義、実験を行いました。実験に使った金属の表面を、原子間力顕微鏡やレーザー顕微鏡で観察しました。

 様々な実験装置を間近に見て、操作することで、生徒たちは理系の大学に進学して研究することのイメージをつかめたようでした。

 

【参加した生徒の感想】
・大学がどんな所か何となく知ることができた。分野によって扱っているものや研究機材が違って大学に入った後も様々な選択肢が広がっていると思った。研究テーマや範囲が今までのサイズと全然違っていて面白そうだった。
・工学部のぼんやりとしたイメージがはっきりとしたものに変わったので、進路選択に活かしていきたい。
・専門的な設備で研究ができることは楽しそうだと思った。
・パンフレットを読んだだけだと分からないことをたくさん質問できて良かったです。実際に研究室に入って機械を見ることができて楽しかったです。一般入試のことばかり考えていたけど、他にも選択肢はあるんだなと気付きました。
・興味本意で参加したのですが、参加してよかったなと思いました。午前に研究室を見学したのですが、身近なところに工学があるんだなと思います。難しい言葉が多くて理解は大変だったけど、わかるようになりたいです。
・午後の摩擦の実験では摩擦のことがもっと良くわかった気がしました。普段の物理の授業で法則とか何も考えずそのまま覚えてしまいがちですが、実験を通して、どうしてそうなるかが良くわかるし、他の法則も背景をちゃんと覚えたいと思いました
・実際に農工大に行って研究室を見ることができて良かった。実験をして、研究室で行うことも知ることが出来、大学生になったらどう過ごすのか想像できたことも良かった。ありがとうございました。
・工学部の研究内容に触れることができ、貴重な経験となった。金属や光を利用してガスを検知するデバイスや摩擦を減らす工夫が、これからの社会に役立つものになりそうなことがわかり、そこに目をつけたことと材料を組み合わせて独自の装置を作り出したことがすごいなと思った。
農工大全般では、女子率が高いのが理系や工学部に進学したい女子に良いなと思いました。午前中の講義では、センサーの小型化を可能にするために様々な方法がありそれぞれにメリットやデメリットがあることを知りました。物理で波の分野をやるのが楽しみになりました。午後の講義では、摩擦についての講義で、実験をしたり、レーザー顕微鏡やAFM(原子間力顕微鏡)を使って表面を見てみたりと楽しかったです。アモントンクーロンの法則が経験則なので、摩擦についてはまだまだ謎なんだと思いました。今後理論的に説明できると良いなと思いました。
・1人での参加だったので楽しめなかったらどうしようと思っていましたが、講義をきいている時はそんなことは気にならないくらい集中できて楽しむことができました。これから志望校や志望分野を決める時のひとつの選択肢だなと思うことが出来ました。
・普段見られないような機械や実験を間近で見ることができてとても興味深かったです。
学生の方に受験や勉強、将来のためのアドバイスなどをもらえたのも心強く、今回得たものを最大限活かして今後に繋げていきたいと思いました。