2022年前期の活動(生物部)

2022年前期活動報告(生物部)

4月18日 新入生入部 6名入部!

    今年は1年生が6名も入ってくれました。盛り上がっていきます。

4月18日―4月25日 SSH発表会準備 

5月 7日 SSH発表会 3年生を中心に昨年度の研究について発表しました。

              「ユリにおける柱頭と花柱による花粉管の誘引作用」

    「四季咲きキンギョソウにおける花粉管伸長」

    「カワリヌマエビの調査報告」 

5月 8日 巾着田調査(高麗市)

                 1年生は初めてのフィールド参加でしたが、積極的に川に入ってエビを採ってくれました。 

5月15日~7月25日 ユリの実験

       1年生は初めての花粉の実験です。最初はなかなかうまくいかず大変でしたが、回数を重ねるうちに

       上達して短時間でできるようになりました。 

 

6月 5日 チームアライグマ合同研修 伊佐沼の野鳥観察会

     参加校:熊谷西 越谷北 坂戸西 浦和

     冬に予定されていた観察会が2度延期となり6月の開催になりました。野鳥の調査に参加したのはみな初めて

     でした。川越市内にある伊佐沼は近いので、ぜひ冬も観察に来たいと思います。

 

6月18日 クビアカツヤカミキリ調査(川越市内)

     毎年行っている調査です。川越市内100本近くのソメイヨシノを調査しましたが、川越市内では

     まだ見つかっていません。今年もフラスなどの痕跡もなくてよかったです。

 

6月20日 川女フィールド エビ調査(川越市内)

8月 2日・4日・5日 エビの実験

8月22日 チームアライグマ ミーティング(オンライン)

8月26日 巾着田調査(高麗市)

 

9月10日11日 紫苑祭

     生物室で飼っている、ヘビやカメ、エビを展示しました。おみあげに押し花のしおりをプレゼントしました。

     カワリヌマエビの昨年度の調査報告を紹介しました。

 

9月 2日~16日  科学展準備

9月20日  科学展出品 

   「ユリの花柱における花粉管の誘引作用について」