卓球部 西武地区大会 結果報告

9月21日(火)~9月22日(水)の二日間、 所沢市民体育館にて西部地区大会が行われました。 結果を報告致します。

〈団体戦〉
1回戦・・・シード
2回戦・・・VS志木高校 3-0で勝利
3回戦・・・VS坂戸高校 3-0で勝利
準決勝・・・VS星野高校 0-3で敗退
3位決定戦・・・VS入間向陽高校 1-3で敗退

西部地区第4位


〈個人戦〉
ベスト16 高梨(1年)、奥澤(1年)
ベスト32 藤田(2年)


以上の結果になりました。


【大会を振り返って】
団体戦ではベスト4に入賞することが出来ました。


今回、2年生の3人(藤田、鈴木、菅井)が、 チームをよくまとめてくれました。ベンチメンバーも、 ビデオカメラの撮影など縁の下の力持ちとしてチームを支えてくれ ました。レギュラーもベンチメンバーも、1年生も2年生も、 まさに「全員で掴み取った」ベスト4だと思います。


一方で、目標としていた12校リーグ(今年度は10校リーグ) には進出できなかったということも事実です。 準決勝の星野高校戦、3位決定戦の入間向陽戦、どの試合も競り、 勝つチャンスは十二分にありましたが、ものに出来ませんでした。 強豪校相手にも十分戦えるチームに成長したものの、 まだまだ力の差があるということを痛感しました。
この悔しさは、 1月の新人戦で果たそうと選手達と決意を固めました。


個人戦では、1年生の高梨、奥澤がよく頑張りました。2名とも、 4月の入学当時から比べると、この半年で、随分安定感が出てきました。今後どのような選手に成長していくのかが、ますます楽しみです。その他には、2年生の藤田がベスト32に入りました。 1月の新人戦では、 このベスト32のラインが県大会に進出の規準になります。 1人でも多くの選手が県大会へと進出出来るよう、 引き続き指導していきたいと思います。

 

全体を通して、学びの多い大会でした。これからも「 質の高い練習」「文武双全」を合言葉に、 更なる高みを目指して精進して参ります。


今後も川女卓球部の応援をよろしくお願い致します。