今日のSSH

今日のSSH

【SSH校外活動】科学の甲子園

114日(日)県立総合教育センターで行われた、科学の甲子園埼玉県大会に出場しました。
 午前中は理科・数学・情報の学科競技に知恵を絞り、午後はバドミントンのシャトルを決めら
れた的にめがけて飛ばしました。発射装置に工夫を凝らし、上位入賞を目指しましたが、残念
ながら入賞とはなりませんでした。
 悔しい結果となりましたが、いろいろなことにチャレンジできた楽しい一日でした。

0

【SSHサイエンスツアー】地学実習

10月12日金曜の授業後に出発し翌日の13日にかけ、地学実習を行いました。
曇りのため観望会は参加できませんでした。そのため、室内で星座を作りました。
2日目は、川の博物館とかわせみ川原へ行き、荒川とその流域の岩石について学びました。
0

【SSHサイエンス教室】色で感じる化学反応

10月6日(土)にサイエンス教室「色で感じる化学反応」を行い、19名の生徒が参加しました。
普段の授業では行わない複雑な化学反応の実験を行い、生徒は難しいと感じながらも、
興味関心持ち、楽しんで実験を行っていました。
0

【SSH発表会】科学教育振興展覧会 西部支部展

 9/29、30の2日間、東洋大学川越校舎にて行われた科学教育振興展覧会西部支部展において、
川越女子高校から出展された6つの研究ポスターのうち2点が、優秀賞を戴き、10月末に行われる
県中央展に出展されることになりました。

 出展されるのは、
 物理分野から「気柱共鳴の研究~共鳴直後の消音について~」(2年SSG1 村田睦歩さん)、
 生物分野から「自然界から乳酸菌を探す」(2年SSG1 吉田飛菜さん)の2人の研究です。
 日頃の地道な研究が評価されたことは、非常に栄誉なことです。他の研究も優秀賞は戴けなかったものの、
いずれも高い評価を受けており、今後の研究に期待が持てます。

0

【SSH授業(科学研究Ⅱ)】サイエンスダイアログ

 「科学研究」はSSHクラスの生徒だけが履修する授業で、他校にはないカリキュラムの1つです
科学的な内容について、
1
間に2~3テーマのグループ研究を行いますが、研究のあいだに、特別授
業を行うことがあります。2年生で行う「科学研究Ⅱ」では、9月に2つの
特別授業を行いました。
6日は川越女子高校の卒業生で、現在京都大学大学院博士課程で海洋生物の研究をしている先輩
から、研究テーマや研究生活についての
話を聞きました。9月20日は東京大学ビッグバン宇宙国際研
究センターで研究をされているYi-Peng WU
博士からインフレーション理論について英語で講義が行われ
ました。これは、学術振興会の「サイエンス ダイアログ」というプログラムを利用した企画です。

0