校長日記

校長日記 合格(入学許可候補者)発表にて

3月4日(金)9:00よりWEB、10:00より本校掲示板にて、令和4年度入学許可候補者(合格)発表が行われました。感染防止対応のため、合格を確認した中学生の皆さんは、2会場(分散会場)にて、配布された入学に関する必要書類を受領しました。また、受領後には掲示板の前で記念写真を撮る姿が見られました。

掲示の瞬間  番号を確認する  合格、おめでとう!

合格通知書を手にする  4月からは川女生  封筒を確認する

見事に合格された皆さん、誠におめでとうございます。4月からはいよいよ「川女生」として、新しい一歩を踏み出します。教職員・在校生一同、皆さんのご入学を心待ちにしています。健康には十分留意され、実りある濃い高校生活を送りましょう。

校長日記 第五考査はじまる。

3月2日(水)本日から第五考査が始まりました。学力検査のため数日間家庭研修でしたが、久しぶりに登校となり、川女生たちは今年度最後となる考査に臨んでいます。まだまだ制約・制限のある生活は続いていますが、今年度の学びの成果を一人一人が発揮できることを期待しています。

真剣に取り組む  静かな廊下  力を発揮しましょう

昨日は、3年生を対象とした「国公立後期受験・激励会」が行われ、「これまで川女で学んできたという誇りと自信をもって臨もう」と話をしました。全ての川女生には、これからやってくる春を迎えるため、最善を尽くして邁進して欲しいと願っています。

校長日記 リニューアルされた校舎。

2月21日(月)本日から2階西側渡り廊下(本館・管理棟)が通行出来るようになりました。長い間工事で生徒の皆さんには不便をかけましたが、リニューアルされた廊下が目の前に現れました。カラフルで素敵な廊下に蘇りました。なお、このリフォームにより、耐震補強が完全に施されています。

廊下の様子  蘇った廊下  進路室の様子

今後は、さらに電気等の整備を行い、年度末に物品関係の引っ越しを予定しています。新年度からは、安心安全な教育環境で、川女生の皆さんの学びがますます進むことと思います。

統計グラフコンクールにて見事入賞!

2月15日(火)この度、第71回埼玉県統計グラフコンクールで入賞(教育長賞)を受賞した山木凜花さん(2-3)の表彰式を校長室にて行いました。この度の受賞は県だけにとどまらず、国につながる受賞となり、全国コンクールにも出品されました。統計学では、アンケート等の実施が必須であり、その結果をいかにして分析するかが重要です。これからはデータ・サイエンスの時代となることは間違いないと思います。そんな中での受賞は、まさに時代の最先端を走っている川女生、という意味でも非常に価値のある受賞です。おめでとうございます。

受賞の喜びを皆で  作品の一部  理科の先生とともに

今回の山木さんの研究テーマは「女子校への扉」。時代の流れとともに共学校が増える中、女子校の良さをよく考えて分析し(統計をとり分析)、説得力のある作品となっています。なお、この作品は以下のHP等でご覧になることができます。今後も、ますますのご活躍を。

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0206/graph-con/71/gyarari.html

学び続ける川女生たち

2月10日(金)に政府は「埼玉県・まん延防止等重点措置の期間延長」を決め、埼玉県では、3月6日(日)まで延長となりました。県立学校では、分散登校(オンライン学習)が正式に開始されますが、本校では2月1日(火)よりオンラインを活用した分散登校を先行実施しています。分散登校・オンライン授業にも大分慣れてきましたが、引き続き緊張感をもって、感染症防止対策を徹底しながら、安心安全な学校生活を送って欲しいと願っています。

1年生の様子  真剣に取り組む姿  熱の入った授業

なお、3年生は2月から家庭研修となっており、大学受験の真っ最中です。3年生に限り、土日の学習室は使用可となっています。どんな状況下であっても、川女生たちの学びは続いています。

第2回SSH課題研究発表会・運営指導委員会にて

1月22日(土)午後より、第2回SSH課題研究発表会が視聴覚室において行われました。会に先立って、1階生徒ホールでは「ポスター発表会」が行われ、1年SSHクラスの生徒たちが研究したテーマについて、ポスターを活用しながら発表を行いました。

ポスター発表の様子  熱心に説明  質問にも答える

本日の課題研究発表会では、第1回発表会(5月実施)を踏まえて、さらに進んだ研究成果を発表する機会となりました。テーマも様々な分野にわたり、かつ今回は「科学研究Ⅱ」から2本の発表を加えた9本の発表となりました。感染防止の観点から、運営指導委員の先生方や一般参加の方々はオンライン参加となりましたが、生徒たちは運営から発表・質疑応答まで、しっかりと取り組んでいました。

開会の様子  オンラインによる参加  司会進行も生徒たち

発表の様子  堂々と発表  質問も出ます

頑張る生徒たち  成果発表・運営指導委員会  教科間連携について

全ての課題研究発表が終了後、「毎年レベルアップしている」「質疑応答で生徒たちはお互いに高め合っている」「科学研究Ⅱでの発表テーマにあるような「町づくり」等の視点は重要」「ことばの定義づけは重要」「何のために、何をしているのか等、端的な発表を心がける」といった運営指導委員の先生方からは、ご助言・ご指導をいただきました。

そして、成果発表会・運営指導委員会では、これまでの本校のSSHの取組を踏まえながら、第4期の方向性等について、運営指導委員の先生方から貴重なご助言やご示唆を沢山いただきました。さらなる本校のSSH事業に活かしていきたいと思います。

校長日記 「高校生のための教員志望者説明会」にて

1月11日(火)放課後、本校視聴覚室において、1・2年生を対象とした「高校生のための教員志望者説明会」が行われ、60名近くの生徒たちが説明会に参加しました。この説明会は、教育局市町村支援部教職員採用課が企画し、教員になりたい志望者を対象に、様々な角度からお話をしていただく、というものです。

全体会の様子  秋葉主任のお話  真剣に聴く

スライドを活用して  具体的なお話も  資料を見ながら

説明会では、①教員のお仕事について、②教員になるために(大学など)、③採用試験について、④その他について、具体的な事例を挙げながら、様々なお話をしていただきました。後半では、実際に試験問題を解いてみたり、質問コーナーなどが設けられていました。本日の説明会を1つの進路選択の機会と捉え、自分の志の実現に向かって1歩踏み出していって欲しいと思います。

校長日記 2022年はじめ「サイエンス教室」にて

1月8日(土)土曜授業の放課後、今年最初の「サイエンス教室」が3階・生物実験室にて実施されました。1月7日(金)と連続となった本講座のテーマは、「土壌生物の観察」です。校内の土(グランドや中庭などの土)を採取してツルグレン装置(熱電球を上から照射し、下に落ちてくる土壌生物を採取)にかけ、双眼実態顕微鏡で観察します。土の中にも多様な生物が生息し、生態系を支えていることを実感します。

参加の様子  講義をする松田先生  真剣にメモをとる

ツルグレン装置!  あ! いるいる。。  只今、観察中

前半は本校担当教員による講義形式で、後半からは実際に顕微鏡等を使用して、土壌生物を観察します。ある程度目途をつけて、さらに倍率を上げて焦点あてをしながら、生物の姿を確認・観察します。全体に緑色の細長い羽根のある生物、透明に近い白色の生物、茶色い甲虫のような生物などなど、沢山の生物を確認することができたようです。降雪の影響もあり、採取した土は通常より少なめの生物でしたが、生徒たちは目を輝かせながら、お互いに観察し合い、意見を交わしていました。

校長日記 2022年始動。

1月4日(火)本日より年末年始閉室されていた学習室等も開室となり、川女の2022年が始動しました。部活動も始まり、ソフトボール部・ソフトテニス部・弦楽オーケストラ部などの生徒たちの元気な声が響きわたっていました。また、講堂ではバトミントン部が床や窓などの清掃に励んでいました。1月7日(金)から本格的に始まりますが、2022年は素晴らしい年になることを祈るばかりです。

質問に応える  図書館の様子  清掃に励むバトミントン部員

 

校長日記 NIE新聞コンクール(優秀学校賞・奨励賞)受賞!

12月24日(金)放課後、過日発表された「第12回いっしょに読もう!新聞コンクール」(全国大会)での優秀学校賞及び奨励賞(全国)・努力賞(埼玉県)の受賞披露・表彰が校長室にて行われました。全国5校として「優秀学校賞」をいただき、また3名の川女生が奨励賞をいただきました。さらに、努力賞10名(2年生)・努力賞14名(1年生)も受賞されました。

1年生の受賞者  優秀学校賞の盾  2年生の受賞者

様々な新聞を読み、多様な考えを学びながら、思考力・判断力・表現力に磨きをかけ、自分自身の考えを発信していくことは重要です。今回の受賞は、まさにそのことが評価された結果だと思います。これからも常に様々なことに関心を持ち、学び続けて欲しいと願っています。受賞おめでとうございます。