校長日誌

校長日誌 令和元年度 PTA、後援会等総会にて

5月10日(金)今年度のPTA・後援会・体育文化振興会・空調設備等設置運用委員会の総会が行なわれ、役員や一般会員の方々が大勢来校されました。PTA会長に続き各代表の方々からご挨拶をいただき、事前に配布させていただいた総会資料をもとに協議が行われました。
弓削PTA会長挨拶  会場の様子
前半は、平成30年度に関わる事業報告・決算監査報告が行われ、続いて「会則」の改正案が審議され、すべて承認していただきました。また、役員改選案も可決され、いよいよ新体制の発足となりました。
校長挨拶  箕輪後援会長へ感謝状
新体制となって、総会の後半では、令和元年度に関する事業案・各予算案が審議され、すべて承認していただきました。総会は皆さんの協力により円滑に進み、最後に、大きな力をいただいた旧役員の方々に感謝状を渡させていただきました。
総会終了後、各教室では担任によるクラス懇談会が行われました。

校長日誌 令和元年度第1回定例生徒総会にて

5月9日(木)午後より、今年度第1回目となる生徒会の定例総会が体育館で行われました。開会の言葉・生徒会歌斉唱と続き、会長からの挨拶があり、総会は始まりました。
全体の様子  各種委員長から
議長団が選出され、平成30年度の各種活動報告や決算報告が行われ、その後今年度の生徒会本部前期活動方針案などが提案され、すべて無事に可決され承認となりました。
新メンバー  新会長の挨拶
現在の本部役員の任期満了に伴い、田中生徒会長さんの挨拶に続き、新会長である能勢さんから代表の挨拶がありました。バトンが新しい役員に渡されました。ますますの活躍を祈っています。
関東大会へ  仲間の応援
生徒総会の終了後、その場で「関東高等学校ソフトテニス大会(関東大会)」のダブルスに出場が決定した中島さん(3年9組)・鈴木さん(3年5組)の壮行会が開かれました。ソフトテニス部の仲間のエールもあり、全校で出場を祝い、大会での健闘・活躍を祈念しました。これまでやってきたことに自信とプライドをもって、邁進してほしいです。

校長日誌 GWの川女(その4)

5月3日(金)和光市にあるサンアゼリア大ホールにて、弦楽オーケストラ部第28回定期演奏会が行われました。春らしい爽やかな天候の中、生徒・保護者をはじめ近隣の方々など大勢の皆さんが来場されました。
入口の看板  開演前の様子
開場前から受付入口は大行列となり、大ホールはあっという間に満席状況となりました。緊張の中、開演の合図とともに第28回定期演奏会が始まりました。定演は2部構成で、第1部(String Orchestra Stage)・第2部(Orchestra Stage)。今回は本校マンドリン部及び東海大附属相模高校吹奏楽部とのコラボレーションでの定演でした。
見事な演奏  圧巻のフィナーレ
第2部では、「虹色の光景」の作曲家・村松健太郎氏が自ら曲紹介をされ、「大事な人を想いながら聴いてほしい」という言葉を想い浮かべながら演奏してくれました。会場からは大きなやむことのない拍手がわきました。最後は出演者全員で感動のフィナーレ。会場が一体となり、見事な演奏会は終わりとなりました。弦オケの皆さん、特に3年生の皆さん、大変お疲れ様でした。また、これまでご指導いただいた高山智仁先生、保護者の皆さん、顧問の先生方に感謝いたします。

校長日誌 GWの川女(その3)

5月2日(木)4校美術部展の中日、川越市立美術館・市民ギャラリーでの展覧会のレポートです。川越高校・川越女子高校・市立川越高校・川越工業高校の市内4校による合同美術部展覧会が行われています。この展覧会は5月6日(月)まで行われています。
入口の看板  川女のコーナー 
それぞれの学校の美術部の特徴がよく出ている展示会。たまたま地方から修学旅行に来た中学生たちも展示された作品に声をあげて鑑賞していました。
中学生も感動  ゆっくりと鑑賞
どの作品も思いの入った素晴らしいものばかり。立体部門は、かなり精密な出来栄えの作品が目立ちました。また平面部門も、かなり手の込んだ作品が多かったです。
立体の作品  4校が競い合う
GWの真っただ中ですが、ひっきりなしに来場する方々の姿がありました。しばし、ホッと一息できる時間をいただきました。美術部のさらなる活躍を祈っています。また、当番で受付を担当したり、搬出・搬入・展示など大変な作業に感謝します。お時間がありましたら、ぜひ市立美術館の市民ギャラリーまでお越しください。

校長日誌 GWの川女(その2)

元号が「令和」となった5月1日(水)、市内のウェスタ川越において第36回吹奏楽部定期演奏会が行われました。天候が心配されましたが、生徒・保護者に加えて、大勢の方々が来場され、大ホールは満員状態中、開演となりました。
会場の看板  開演の様子
定期演奏会は3部構成で、1部はクラシック・2部はバラエティー・3部はポピュラーという構成でした。開演した1曲目はJ・バーンズによる「アルヴァマー序曲」。軽快な勢いのあるオープニングに相応しい曲。圧巻だったのは「ノートルダムの鐘」。大聖堂の鐘の音や聖歌隊を表現した演奏は見事でした。
3年生お疲れ様  フィナーレの様子
1部に続き、2部は手作り感満載のバラエティー。演奏あり、歌あり、踊りありのエンターテイメントでした。そして3部では、銀河鉄道999のアップテンポの軽快な曲ではじまり、途中3年生のメンバー紹介では、しんみりとする場面。フィナーレは「ハウルの動く城」、アンコールはスィングジャズの「Sing Sing Sing」。ソロパートでは大きな拍手がわきました。これまで月原義行先生をはじめ顧問の先生方のご指導や保護者の方々の応援をいただき、生徒たちは頑張ってきました。たくさんの感動をもらった定期演奏会でした。皆さん、大変お疲れ様でした。

校長日誌 GWの川女

4月27日(土)から大型連休が始まりましたが、川女はいつもの通り活発に様々な取組を行っています。本日は土曜日公開授業日です。大勢の保護者が来校(例年300名以上)され、熱心に授業や生徒の様子をご覧になっていました。
受付はPTAによる  廊下には保護者の姿
土曜日ということもあり、保護者だけでなくご家族(兄弟姉妹など)の姿も多く見られました。本校PTAの方々が受付業務を行い、保護者の方々は次々と校舎に入っていきました。
廊下にあふれる  特に1年生が注目
公開授業終了後、昼食をはさんで視聴覚室ではPTA主催の「1学年保護者のための進路勉強会」が行われ、2つに時間帯を分けたスケジュールにより、学校から様々な情報提供をさせていただきました。
花井学年主任  高荷進路指導主事
弓削PTA会長・校長の挨拶に続き、花井1学年主任から学年の近況報告がありました。そして、高荷進路指導主事より資料を活用しながら、本校の進路の現状・大学入試の基礎知識・本校の進路指導計画・保護者へのお願い、について細やかな情報を提供させていただきました。
サイエンス教室の様子  金属の特色を知る
一方、2階第二化学室において、「SSHサイエンス教室」が行われ、金属・合金について実験・演習を通しながら、たくさんのことを学ぶ時間となりました。希望者多数でしたが、当日は1・2年生合同教室となり、生徒の皆さんは積極的に学んでいました。
やまぶき会館の入口  バンド演奏の一コマ
校外の「やまぶき会館」では、第34回川越女子高校FOLK部定期演奏会が行われ、本校生だけでなく大勢の皆さんに足を運んでいただき、大盛況の中はじまりまりました。
途中のMCも絶妙  フィナーレは感激
3年生にとっては高校生活の集大成の定期演奏会。これまでの思いを込めて、一生懸命に演奏を披露していました。途中の幕間のMCの掛け合いも絶妙で、ユーモアの中にも温かさを感じました。フィナーレは全員登場のセッションズ。先生方も加わって、感動の演奏で終わりました。保護者や関係の皆様に厚く御礼を申し上げるとともに、FOLK部の皆さん、本当にお疲れ様でした。
世間では10連休ですが、川女生はいつも以上に活発に活動しています。

校長日誌 或る金曜の午後

4月26日(金)午後の時間、生徒会役員立候補者の立会演説会が行われ、立候補した生徒たちが役員としての果たしたい役割などについて、しっかりと堂々と述べました。体育館に集まった生徒たちは、熱心に演説に聴き入っていました。
立会演説会の様子  立候補者たち
その後、選挙管理委員の監督の下、投票用紙が配布され投票となりました。5月9日には生徒総会が予定されています。新しい体制が少しずつ出来上がっています。さらに「前進する川女」のために、活躍するすることを期待しています。
関口先生のお言葉  生徒会から花束贈呈
続いて、過日に行われた「春季スポーツ大会」の学年別上位入賞クラスの表彰式が行われ、クラス代表者9名に学校長・体育委員会委員長の連名の表彰状が手渡されました。そして最後に、離任式となり、大変ご多用の中にもかかわらず、関口校長先生をはじめ5名の先生方が来校され、温かいお言葉をいただきました。これまでのご指導に深く感謝するとともに、ますますのご活躍をお祈りしています。

校長日誌 新入部員と部活動

4月24日(水)新たに新入生も加わり、部活動に活気が出てきました。放課後の様子を体育館を中心にレポートします。
バドミントンの活動  新入生は2階で集中練習
本日の体育館では、バドミントン部と新体操部が活動していました。半面コートでは2・3年生が汗をかき、2階では1年生が先輩の指導の下、練習に励んでいました。さらに体育館の半面では、新体操部が新入生を加え、念入りなアップに力を入れていました。
新体操部の様子  グランドではソフト部が活動
体育館を出てグランドでは、ソフト部が元気な声でキャッチボールに取り組んでいました。さらに、講堂ではバレーボール部が基礎練習に励んでいました。
活気のあるバレー部  弓道部の様子
講堂を出た先の弓道場脇の廊下では、弓道部の上級生が中心となって新入生に基本動作を指導していました。丁寧にわかりやすく指導している姿が印象的でした。学校中に響き渡る生徒の声は元気の源です。これからも、可能な限り活動の様子をお伝えしていきます。

校長日誌 第40回川越坂戸地区高校演劇祭にて

4月20日(土)第40回目となる川越坂戸地区の高校演劇祭が市内の尚美学園大学で行われました。本校演劇部は本日2番目に登場しました。会場となった大学構内にある200記念講堂には大勢の保護者・OG・現役生・先生方が集まり、出番を待ちました。
会場の入口   川女のコーナー
『さよなら3月、また来て昨日』という作品。学校を舞台にタイムトリップしながらテンポよくストーリーが展開していく。甘酸っぱい青春。日頃の練習の成果をしっかり発揮し、会場からは大きな拍手をいただきました。
準備の様子  パンフレット  
3年生が中心となって、作り上げた素晴らしい作品でした。ここまでよく頑張ったと思います。さらなる演劇部の発展を祈っています。楽しく心温まる時間をありがとうございました。皆さん、大変お疲れ様でした。

校長日誌 春季スポーツ大会にて

4月17日(水)スポーツ日和の中、恒例の春季スポーツ大会が開かれました。例年よりやや早い時期でしたが、体育委員会が中心となって準備から運営まで行い、それぞれの種目会場は大いに盛り上がっていました。
開会式の様子  バスケットボールの様子
今大会の目的は、スポーツを通じてのチーム・クラス・学年の交流です。新年度・新学期になって、なかなか話せなかったクラスメイトと近づく絶好の機会です。お互いに汗をかき、声援を送っていました。
新種目・ペタンク  ドッチボール会場
今大会の種目は、体育館で「バスケットボール」・講堂で「ペタンク」・グランドで「ドッチボール」・テニスコートで「バレーボール」と盛りだくさんでした。特に、新種目のペタンクは大盛り上がりでした。
声援をうけて  バレーボール会場
お昼を挟み後半戦となりました。今回の大会をとおして、クラスメイトとの距離がぐっと近づいたのではないかなと思います。そして閉会式の前に、昨年度から始まった「エキシビション」。生徒チームと教員チームのバレーボール試合です。
大盛り上がり  たくさんの声援が
先生方の熱のこもったプレーに大きな拍手。生徒チームも負けていませんでした。なかなか勝負がつかず、3回戦まで行いました。先生方の結束を感じた楽しい「エキシビション」でした。
結果発表!  教頭先生の講評
そして、いよいよ結果発表です。種目別に発表されるたびに、該当クラスから歓声がわき、最後は教頭先生から講評をいただき閉会となりまた。体育委員をはじめ、皆さん大変お疲れさまでした。