校長日誌

校長室 後期始まる

10月1日(火)本日より後期が始まりました。体育館にて始業式が行われ、校長講話に続き、進路指導・生活指導の観点から、それぞれ講話をいただきました。その後、報告会・壮行会となり、久しぶりに全校生徒が揃いました。

校長講話 進路指導主事の講話 生活指導主任から

高荷進路指導主事からは、「勉強はやらされている感ではなく、自己の将来を見据えながら楽しく取り組んで欲しい」、石井生徒指導主任からは、「交通事故に遭わないために、善悪の判断について」の講話をいただきました。

SSHの海外研修報告 全校の様子 壮行会・報告会

後期始業式に続いて、関東大会に出場した水泳部の報告会、関東新人大会に出場する陸上部の本田海夕(2-5)さんの壮行会が盛大に行われました。また、この夏実施されたSSHオーストラリア海外研修に参加した15名からの報告がスライドによって行われました。後期も、川女生がますます活躍することを期待しています。

 

《 令和元年度・後期始業式 校長挨拶概要 》

 本日は後期の始業式です。4月から半年が過ぎ、折り返しの日です。これまで
 川女生の皆さんの一生懸命な活き活きとした取組を拝見し、日々皆さんの成長を感じてきました。後期においても、さらに成長した姿を見ることができる、と期待しています。
 さて、本日は、京都大学名誉教授の永田和宏先生が書かれた「知の体力」という本から引用して、お話をしたいと思います。実は、8月にPTAの京都大会があり、その時に偶然にも永田先生の講演会を聴く機会があり、川女生の皆さんにも紹介したいと思い、この場に立っています。
 本日のテーマは、「学習」と「学問」です。では、「学習」と「学問」の違いは何でしょうか。「学習」を繰り返していき、さらに1つ上のステージが「学問」、といったイメージかなと思います。
 実は、高校までの授業での「学び活動」は「学習」です。学校というカテゴリーでは、小・中・高を通して、皆さんはこれまで「学習」をしてきたことになります。すなわち、「学習」とは、『必ず答えがある「問い」が与えられ、「答え」を導き出す』という行為を繰り返して行うことです。従って、授業では、必ず「答え」があることが前提なので、先生からの「答え」が明示されないと、物凄く不安になります。小・中・高を通して、「学習」をしてきたからこそ感じる不安なのかも知れません。
 一方、「学問」とは、文字どおり「学び」「問う」ことです。学ぶことだけでなく、「問う」ことが重要なのです。つまり、「学習」によって頭に入ってきた「知」が本当に正しいのか問い直す、それが「学問」なのです。平たく言えば、「学習活動」の際に、常に「本当だろうか」「何でだろう」と疑問に思い、質問をすることが「学問」につながっていく、ということです。
 実は、社会における諸問題は、正解というものがない世界です。いわば、想定外に常に向き合わなければならないのが、現実の社会です。これまで教わってきた解き方・対処の仕方では対応できない問題に遭遇した時、自分で考え、どのような解法を模索していくかが問われるのが、現実の社会です。
 先ほど紹介した京都大学名誉教授の永田和宏先生の著書「知の体力」には、『「学習」を繰り返し、基礎力を身につけ、「なぜだろうか」という問いを繰り返すことで、自己の知力が向上する』と書かれています。
 本日から後期が始まります。様々な「学習」の場面において、繰り返し学び、学びを身につけることだけでなく、「問う」姿勢を意識しながら、さらに深い学び、すなわち「学問」につながる質の高い学びにトライして欲しいと思います。

校長日記 第2回常任理事会・理事会にて

9月28日(土)第2回常任理事会が明治記念館にて、理事会が視聴覚室にて行われ、関係の方々がご多用の中にもかかわらずご参加いただき、円滑に会議を進めることができました。

全体会の様子 生徒の演奏 生徒の演奏に感動

理事会に先立ち、3年生によるカンタービレ。中野さんのピアノ演奏、桜井さんのヴァイオリン演奏に耳を傾け、音色の美しさを聴きながら、情景を思い浮かべ感動の時間を皆さんで共有しました。

弓削会長の挨拶 石岡後援会会長 校長挨拶

弓削PTA会長のご挨拶に続き、各会からのご挨拶をいただき、校長からは学校の近況を報告させていただきました。生徒のカンタービレの演奏もあり、とてもアットホームな雰囲気で理事会は進みました。各委員会からは、これまでの事業について報告があり、議事としては推薦委員会の発足について了解をいただきました。その後、諸連絡を行い、予定されていた協議事項等はすべて終了しました。関係の皆様、本日の準備から運営、そしてご参加、誠にありがとうございました。なお、第3回常任理事会・理事会は令和2年2月1日(土)となっております。

校長日記 後期に向けて

9月27日(金)前期が終了し30日まで秋季休業ですが、後期に向けて校舎内外において、生徒たちは様々な取組に参加しています。グランドや体育館等では部活動の生徒の声が響き渡っています。また、1・2学年「秋の集中学習」において、生徒たちが自己のスケジュールに従い、真剣に自学自習に取り組んでいます。

2年生の様子 多種多様な教科に取り組む 1年生の様子

9/27(金)・28(土)・29(日)という3日間の「秋の集中学習」では、家庭学習6時間を含み、32時間20分を目指し様々な教科目に取り組んでいます。1年は視聴覚室・2年は生徒ホールで、担当教員の監督のもと、集中的に学習しながら自己の学習能力の基盤づくりに励んでいます。

トラックから搬入 新しい教壇の姿 教室に搬入された教壇

一方、この時期を活用して、教室の教壇が新しく生まれ変わっています。業者トラックから教室へ運び込まれる新しい教壇。爽やかな木の香りのする新品の教壇です。後期から教室でお目見えします。末永く大切に使用しましょう。10月1日(火)からは後期が始まります。

校長日記 第1回学校評価懇話会にて

9月21日(土)第1回学校評価懇話会が本校の第一多目的室にて実施され、学校評議員・生徒会・PTA保護者等の方々を迎え、活発な意見交換が行われました。

開会の様子  学校評議員の方々  生徒会の生徒から

校長挨拶に続き、学校評価システムシートの説明、「授業に関する調査」結果の報告の後、意見交換となりました。アンケートについて、生徒の学習の取組状況や学年別の変化、教科によるアンケート分析等の共有、協調学習の効果等、幅広い意見が出ました。様々なご意見を踏まえながら、よりよき川女に繋げていきたいと思います。参加された皆様方に深く感謝いたします。次回は2月8日(土)の予定です。

校長日記 第72回紫苑祭、終了しました

令和元年9月14日(土)・15日(日)と2日間にわたって行われた「第72回紫苑祭」は、皆さんのご協力・ご支援のもと、無事に終えることができました。企画・準備・運営に携わった163名の「紫苑祭実行委員」、生徒会の皆さん、同窓会の方々、その他の関係の皆さん、全ての方々に感謝いたします。

中庭の様子  クリエ班の圧巻の作品  体育館の様子

初日は曇りで時々雨模様でしたが、6201名の方々がご来場されました。2日目を合わせると

13、577名の方々に来場していただきました。「レトロ」をテーマに「文明開花の川女」を堪能されたことと確信しております。1つのものを皆で協力して創りあげる喜びを川女生も体感したことと思います。これからの川女での生活がさらに充実しますように願っています。

校長日記 第69回全国高P連大会・京都大会にて

8月22日(木)・23日(金)の2日間にわたり、69回目となる全国高P連・京都大会が京都にて開催され、本校からは弓削PTA会長をはじめ、4名で参加して参りました。天候にもなんとか恵まれ、いにしえの場所にて、大きな刺激を受けてきました。今後、本校においてご報告をさせていただきます。

4名で記念写真  大ホールでの様子

初日は開会式、続いて分科会への参加。弓削PTA会長とともに第一分科会「《よくできる》とはどういうことか?」という永田和宏・京大名誉教授の講話に続き、パネルディスカッションを拝聴しました。一方、世古口・大塚PTA副会長は第4分科会「高校生の人間関係について考える」という原清治・佛教大学副学長の講話に続き、若い層(高校卒業したたばかりの大学生)の生の声を交えたパネルディスカッションに参加しました。最終日は、永守重信氏による「学校教育・家庭教育に思うこと」と題した講演を拝聴しました。勢いのある核心に迫る講演でした。

校長日記 生徒による「学校説明会」にて

8月5日(月)ウェスタ川越にて、生徒による「学校説明会」が行われ、酷暑の中にも関わらず、会場が満席となり、立ち見という状況にもなってしまいました。熱心に生徒による「説明」を聴きながら、メモにとっている姿がたくさんありました。

 

生徒会長の挨拶でまずは始まりました。続いて、「川女の1年」が放送部により紹介され、SSH・SSGについて所属の生徒が丁寧に説明しました。さらに、教務主任・教頭から「入試制度」について、進行役の生徒と質疑応答形式で説明しました。

 

その後、「紫苑祭」の紹介、「ファッションショー」と続き、休憩をはさんで「部活動紹介」が行われました。すべて終了後、ロビー付近で川女生たちが来場者を対象とした「質問コーナー」を設置し、中学生・保護者の質問に丁寧にこたえていました。企画から運営まで、生徒の皆さん本当にお疲れさまでした。中学生の皆さん、ぜひ川女を目指して頑張ってください。

校長日記 川越市内教員対象・理科授業づくり研修会

8月2日(金)川越市教職員研修の一環として、本校教員2名が指導者となり、7名の市内小学校の先生方を対象とした「理科・授業づくり研修会」が各実験室にて実施されました。

 

まずは、地学講座です。本校の安藤先生の指導の下、鉱石を砕き高温で温めた砂状になったものを顕微鏡で覗きました。ダイヤモンドのように輝く結晶が綺麗に観察できました。「わっ!綺麗!」といった歓声が飛び交っていました。

 

そして、後半では本校の伊能先生の指導の下、全員が白衣を纏いながら、再結晶の実験などに取り組んでいました。白色の結晶体が現れると、地学講座同様に歓声が沸きました。参加された先生方が学んだことを各学校で実践され、小学生の笑顔が見ることができますように願っています。企画された市教育センターの先生方、指導された本校の先生方、皆様、大変お世話になりました。

校長日記 梅雨明けで活動全開中

7月31日(水)関東甲信越の梅雨明けから2日経過し、本格的な夏の到来となりました。教室では補講、自習や楽器練習、体育館やグランド・テニスコート等では、部活動に励む川女生の姿がたくさんあります。
バスケ部の様子  バドミントン部の活動
体育館ではバスケットボール部とバドミントン部が半面コートを使い、フォーメーションや基礎練習に取り組んでいました。さらに、講堂では本日で校内合宿が終わるバレーボール部が草加西高校と合同練習に励んでいました。
バレー部の練習  クレア班の活動
さらに、生徒ホール横の中庭付近では、紫苑祭クリエメンバーが紫苑祭に備えて着々と準備を進めていました。どの生徒も暑い中ですが、各自適宜水分補給を行いながら、しっかりと熱中症対策をしています。
カラーガードの練習中  硬式テニス部の風景
また、グランドではソフト部がマシンを使った実践練習中。そしてテニスコートではソフトテニス部・硬式テニス部が練習に爽やかな汗を流していました。剣道場からは気合の入った声が聞こえてきました。無理せず、絶えず暑さ対策を行いながら、充実した夏を過ごして欲しいと願っています。

校長日記 学習支援(パート2)にて

7月23(火)・25(木)近隣にある川越市立中央小学校にて、本校生徒が学習支援の活動を行いました。今回は、本校生徒に加え川越高校の生徒さんも学習支援に参加されています。
学習の様子  真剣に取り組んでいる様子
小学生たちは各自の課題(プリント学習が中心)に取り組み、そのフォローアップを川女生が行っていました。「呑み込みが早い」「小学生は可愛い」「とても素直」といった感想がありました。「学習支援に携わった生徒さんが、将来小学校の先生として活躍することを願っています」と中央小学校・山崎校長先生がおっしゃっていました。皆さん、大変お疲れ様でした。