卓球部 最近の活動

岡部杯に参戦してきました

7月26日(火)所沢市民体育館で行われた、第19回岡部杯争奪卓球大会に参戦してきました。この大会は、主に西部地区を中心として高校生が日ごろの練習の成果を試す、ある意味で世代交代後の他校との距離を測るための大会です。

川女からは13名(2年生5名、1年生8名)が参戦し、シングルスで好勝負を繰り広げていました。

実力を発揮して勝ち進み、ベスト16に1年生が1名、ベスト32に1年生が1名進出することができました絵文字:笑顔

普段の練習で積み重ねてきたことが十分に出せた部分、これからの練習に生かすべき部分、それぞれ何かしら感じるところはあったと思います。まだ夏も始まったばかりです。秋の西部地区大会、さらに冬の新人戦に向けて、日々を積み重ねていきたいと思います。

0

インターハイ予選県大会に参戦してきました

6月14日(火)に上尾運動公園体育館で行われたインターハイ予選県大会に参戦してきました。関東予選に続き、学校対抗一種目での参戦です。

1回戦 3-1で白岡高校に勝ちました。相手エースとの接戦を落としたものの、続く2番で完勝、ダブルスもギリギリの流れを離さずに最後は執念のネットインでストレート勝ち、最後も不安定な立ち上がりではありましたが、勝ちきることができました。

2回戦 3-1で鴻巣高校に勝ちました。1番・2番で1勝1敗で迎えたダブルスをなんとか取り、4番の部長がようやく本領を発揮しての勝ち。

3回戦 0-3で星野高校に負けました。格上との対戦でした。力負けする場面が多くありましたが、それでもこれまでやってきたことが随所に発揮され、対等のラリーに持ち込んでいる場面が見受けられました。しかし、やはり県8の壁は厚いと感じました。

3年生にとっては最後の大会でしたが、結果県ベスト16に入ることができました絵文字:良くできました OK

県大会では1勝するのも簡単ではありませんが、それでも2つ勝ち、県の16本に入ることができたのは、これまで頑張ってきた3年生、さらに切磋琢磨してきた2年生がやってきたことが実を結んだということです。今回の県大会も、特に3年生の活躍が目立ちました。試合に出たメンバーが勝ちをもぎ取ってきたことはもちろん、そうでないメンバーも普段からモチベーション高く練習に取り組んでいたからこそ、今回の結果に繋がったのでしょう。

これで3年生は引退です。上の学年(3人)もこの学年(5人)も人数の少ない中で始まった代でしたが、後輩を多く招きいれ(8人+5人)、活気ある部活動を作り上げてきてくれました。代々引き継がれてきたバトンは、無事次の代へと受け渡された、そんな一日でした。

0

関東予選県大会に参戦してきました

5月4日(水)に上尾運動公園体育館で行われた、関東予選県大会に参戦してきました。

川女からは、学校対抗の1種目での参戦となりましたが、1回戦で大宮高校に1-3で敗れてしまいました絵文字:泣く

相手エースを崩せず、なかなか流れを引き寄せることができませんでした。いい試合をしても、勝ちに繋がるあと一本を取れないことが多く、まだまだ課題があることを見せ付けられたように思います。

次は6月のインターハイ予選県大会です。3年生にとっては最後の大会となるので、思い切って向かっていけるように今後の練習に取り組んでいきたいです。

0

西部地区予選会に参戦してきました

4月22日(金)~26日(火)にかけて、所沢市民体育館で行われた西部地区予選会に参戦してきました。この大会は、5月に行われる関東予選県大会と、6月に行われるインターハイ予選県大会の2つの予選を兼ねたものです。川女からは、学校対抗のほか、シングルス10名、ダブルス5ペアが部内予選を経て出場しました。

学校対抗では、2回戦(1回戦はシード)で狭山清陵高校に3-0で勝ちましたが、3回戦で川越南高校に2-3で競り負けてしまいました。地区ベスト8でしたが、県大会への切符はつかむことができました。

シングルスでは3回戦まで5人が進み、その後の敗者復活戦で県大会の切符を狙いましたが、あと一歩のところで逃してしまいました。

ダブルスでは県大会決定戦まで進んだペアが2ペアありましたが、こちらも残念ながら切符を逃してしまいました。

3種目を通して学校対抗の切符はつかみ、関東予選・インターハイ予選の県大会へとコマを進めることはできました。惜しくも敗れはしましたが、それでも練習してきた結果を発揮した試合もあり、まだまだやるべきことがあるんだよ、と教えられたように思います。この悔しさをバネに、県大会での捲土重来を期したいと思います。

0

新人戦県大会に参戦してきました

2月5日(金)~7日(日)に上尾運動公園体育館で行われた新人戦県大会に参戦してきました。この大会は、世代交代した後の地区予選を勝ち抜いた選手による、3月の全国選抜への切符をかけた闘いです。川女からは、シングルス(1名)・ダブルス(1ペア)・学校対抗の3種目すべてでの参戦です。

5日に行われたシングルスでは、1回戦不動岡の選手に3-1、2回戦久喜北陽の選手に3-0と順調に勝ちあがりました。3回戦では埼玉栄の選手(南部地区予選2位)に0-3で敗れてしまいましたが、県ベスト32まで勝ち残れたのは大きな成果です絵文字:良くできました OK

6日に行われたダブルスでは、1回戦で深谷第一のペアに2-3と惜敗でした。一進一退の試合展開でしたが、相手の変化プレーに翻弄される場面もしばしばで、あと一本のところが取りきれなかったのが悔やまれます。

6・7日に行われた学校対抗では、1回戦で松山女子高校に3-2と競り勝ち、2回戦で聖望学園高校に3-0と勝ち抜くことができました。3回戦では秋草学園高校(県ベスト4)に0-3と力の差を見せ付けられた形でしたが、出場した選手がそれぞれの力を尽くし、チームに貢献した結果、県ベスト16になることができました。選手はもちろん、応援やサポートをしてくれた部員全員で勝ち取った大きな成果です絵文字:良くできました OK

県大会で勝つということの喜びと難しさを同時に学んだ3日間でした。次は4月の地区予選、5月の関東予選県大会、6月のIH予選県大会と、少し期間が開きます。今回の県大会で体験した強豪校のプレーや試合展開、コース取りなどを各自の今後の練習に生かしていきたいと思います絵文字:笑顔

0

新人戦西部地区予選に参戦してきました

1月25日~27日に所沢市民体育館で行われた、新人戦西部地区予選に参戦してきました。この大会は、2月に行われる新人戦県大会への切符をかけた闘いで、新しい代に交代してからはじめての県大会をかけた公式戦です。

学校対抗では、2回戦で細田学園高校に2-3と競り負けてしまいましたが、敗者復活戦で川越西高校に3-2で競り勝って県大会出場を決めることができました。

シングルスには10名がエントリーし、うち5名が県大会出場決定戦までコマを進めました。地区内のシード選手と当たる試合でしたが、1名が勝ち残って県大会出場を決めることができました。

ダブルスには5ペアがエントリーし、うち4ペアが県大会出場決定戦までコマを進めました。シングルス同様にシード選手と戦い、1ペアが勝ち残って県大会出場を決めることができました。

厳しい寒さや試合のプレッシャーなどとの戦いもありましたが、無事、学校対抗・シングルス・ダブルスの3種目で県大会出場権を得ることができました絵文字:笑顔

なんとか目標としていたところまでは来ましたが、地区でもう一つ勝ち上がる、あるいは県大会で勝ち残るためにはまだまだ課題があるということも同時に見えてきた試合でした。2月5日から始まる県大会でも勝ち残れるように、今回の試合を生かして練習に取り組んでいきたいです。

0

西部地区大会に参戦してきました

9月16日(水)・18日(金)に所沢市民体育館で行われた西部地区大会に参戦してきました。
この大会は、世代交代と夏の練習を越えて、冬(1月)の新人戦に向けて自分たちの地区での位置を測るという意味がある大会です。

学校対抗では、1回戦を3-0で朝霞西高校に勝ちましたが、2回戦で坂戸高校に2-3で惜しくも負けてしまいました。相手エースの一角を本校の1年生が打ち破るという場面もあり、もつれた5番もゲームオールの8本で競り負けと、本当にあと一歩のところで逃した試合でした絵文字:泣く

シングルスでは10名が出場し、それぞれがいい試合をしつつも惜敗。うち1名が地区ベスト32まで勝ち残りました。

新人戦は来年の1月ですが、個人で地区大会を突破する、あるいは県大会で勝ち抜くためには、もう一つレベルアップが必要のようです。今回の試合を通して見えてきた課題をそれぞれが今後の練習に生かしていくことが大切になります。意識を高く取り組んでいきたいと思います。

0

埼玉県学年別大会に参戦してきました

8月21日・22日に春日部市ウイングハットで行われた、埼玉県学年別強化大会に参戦してきました。この大会は、県内の1年生・2年生がそれぞれの学年ごとにシングルスで戦うというオープンな試合です。川女からは2年生4名、1年生8名が参加しました。

2年生も1年生も、世代交代後のこの夏の練習の成果を出すべく、気温に負けずの熱い試合を展開していました。いまいち調子が出ず緒戦で惜敗するものもいましたが、最終的に、1年生2名が県ベスト32に残る大健闘をしました絵文字:良くできました OK(ベスト16決めも、あと一歩で勝ちを逃しました)

この夏も暑さに負けずに日々練習をこなしてきましたが、その成果が少しでも現れたのかなと思いつつ、今後に向けての課題も見えてきた2日間でした。次は9月の西部地区大会です。1月の新人戦に繋がるような試合をできるようにしたいと思います絵文字:笑顔

0

岡部杯に参戦してきました

7月28日(火)所沢市民体育館で行われた岡部杯に参戦してきました。この大会は主に西部地区の高校生が集まってのオープンなシングルスの大会です。

川女からは12名が参戦し、苦しい試合を勝ち抜きつつベスト32に1名が入賞して、賞品をいただくことができました(32決定で5名は残念ながら負けてしまいました)。世代交代をしてここまで練習してきたことが、少しだけ形になったのかなというところです。あちらこちらで熱い試合を繰り広げていました。

卓球場は猛暑との闘いでもありますが、この大会で見えてきた課題をもとに練習を重ね、9月にある西部地区大会に向かいたいと思います絵文字:笑顔

0

インターハイ予選県大会に参戦してきました

6月15日(月)~17日(水)にかけてくまがやドームで行われたインターハイ予選県大会に参戦してきました。5月の関東予選に続き、4月の地区予選を突破したダブルス1ペアと学校対抗の部での参戦でした。

ダブルスでは2回戦からの登場となりましたが、初戦を勝ち上がってきた星野高校のペアに1-3で惜敗しました。どのゲームもいいところまではいくのですが、競り合ったときに先に一本が取れない、後一本が欲しいときにそれが取れない、といった形での惜敗でした。

学校対抗では、1回戦を3-1で浦和第一女子高校に勝ちました。相手のエースをこちらの3年生がしっかりと抑えての勝ち上がりで、非常にいい試合をしました。2回戦では県ベスト8の浦和南高校に0-3で負けてしまいました。ラリーになったときのボールの質が違い、何をしても相手に押し返されてしまうという形で、力不足を感じる試合となりました。

この試合をもって、3年生は引退となります。少ない人数から始まった世代(入部時は1年生は2人だけ)でしたが、先輩の背中を見ながら、後輩の指導もしながら自分たちの部活を作り上げてきてくれました。本当によくがんばりました絵文字:笑顔

0