日誌

川女だより

PTA研修旅行(大学見学会)

 

[PTA研修旅行(大学見学会)]  

 令和元年9月27日(金)

 良いお天気に恵まれ、バス2台でPTA研修旅行(大学見学会)が行われました。

 今年度は、東京女子大学・東京学芸大学を訪問し、大学からの説明や卒業生による見学ツアーを行い、とても有意義な1日となりました。

 東京女子大学では、学食での昼食や卒業生との懇談会も企画されました。懇談会で3年生の時の様子や当時家庭で言ってもらって嬉しかったことやこれは嫌だったこととなど本音が聞け、参加された皆さんも熱心に聞いておられました。

 東京学芸大学では、四つのグループに分かれキャンパスツアーを行いましたが、とても広いキャンパスや設備の整った図書館等を見せていただきました。

 企画運営に当たられた、PTA総務部の皆様本当にありがとうございました。お疲れ様でした。

  

   

 

0

第26回校内英語弁論大会

9月25日(水)の放課後、視聴覚室で第26回校内英語弁論大会が行われました。

参加した生徒は、それぞれにテーマを掲げてスピーチしました。

流暢な英語としっかりとした主張に、大きな拍手が送られました。

スピーチコンテスト1

 

スピーチコンテスト2

 

0

紫苑祭前日

明日からの紫苑祭に向けて、ただ今準備中。

みなさん、お待ちしています。

 

紫苑祭前日1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  紫苑祭前日2

 

 

 

 

 

 

 

 

紫苑祭前日3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紫苑祭4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紫苑祭前日5

 

紫苑祭前日6

0

ありがとう、オーストラリア!

〔オーストラリアから帰国した皆さんの声です。〕

 

8月8日

 無事全員が成田に到着しました。大きな問題もなく、充実した研修になったと思います。生徒自身の積極的な態度が成功につながりました。

 

では、参加生徒の感想をお送りして、最終の報告にいたします。

 

・日本では見られない動植物と触れ合えた。ホストファミリーや現地の学校の人と英語で交流出来て良かった。

・初めは英語で会話するのが難しかったし緊張していたが、積極的に発言することで現地の方とだんだんと打ち解けることができた。普段見ることのできない動植物がたくさん見られて嬉しかった。

・実際に海外に出ることで環境や文化の違いを肌で感じることができました.

・財布をスーパーに置き忘れたが、親切な人がサービスカウンターに届けて下さり返ってきた。海外では落し物をすると返って来ないことが多いが今回は返ってきて本当にオーストラリアはいい国であり、親切な人がいるのだなと思った。

・多種多様で日本とは違った生物を見ることができ、とても面白かった。また、現地の学生と会って話ができて、良い経験になったと思う。

・オーストラリアの人々の動物への接し方や、伝統的な文化について多く学べたと思います。

・動植物、環境、そして他人、誰に対しても優しく接するというオーストラリアの文化の中に身を置くことができて良かったです。ここで学んだことを、これからどう活かしていくか考えて生活していきたいです。

・動植物や環境の日本との違いを感じることが出来た。

・現地の方との交流がたくさんできてよかった。とても良い経験ができた。

・動植物を観察し触れ合うことで日本との生態系の違いを知ることができ、現地の方々との交流の中でオーストラリアの人々の優しさや文化の違いを肌で感じることが出来た。

・オーストラリアが如何なる国なのか体感として知ることができた。しかし何より数多の体験を通じて私の心が穏やかになったような気がする。現地では早寝を習慣化させることにも成功した。この習慣と穏やかな心持ちを維持して今後の生活を送ってゆきたい。

・日本では見られない沢山の動植物やオーストラリアの人々の文化に触れ、多くの事を学べた。貴重な体験ができてよかった。

・日本では見られない様々な生物を観察し、生物学への興味関心をより持つようになった。また、現地の方々と交流し、異なる価値観や文化に触れ自分の視野を広げることが出来た。

・オーストラリアは、日本とは土地の規模が異なるため、自然溢れる土地を最大利用した大規模な施設や、それに応じた自由な生活が印象的でした。また、普段リスニングなどで聞く英語とは違い、生の英語を直接体感でき、非常に良い経験ができました。

 

0

オーストラリア7日の便りが届きました。

 *オーストラリアで過ごす最終日の様子です。
  本日、帰国。思い出を胸に帰ってくる生徒たちに会えるのが楽しみです。

8月7日

  朝いつもの場所に集合し、ホストファミリーとお別れしました。短い期間でしたけれども、とてもお世話になりました。

 時間通りに出発し、車で10分ほどの、グリフィス大学にやってきました。まずは2つのグループに分かれて、キャンパスツアーが行われました。現地の大学生が、学内を案内してくれました。生徒がいつも使っているカフェや、外国の生徒に対する支援センター、500人入れる講堂、英語教育に特化した施設、学生が使えるフィットネスセンターなどを案内してもらいました。

 歩く間に、いろいろな質問をすることもできました。生徒の関心はこの大学はどのくらい難しいか、と言う事ですが、大学に入るのは比較的簡単であるけれども授業についていくのが難しい、と言うような話がありました。この大学は敷地面積が東京ドーム150個分もあり、巨大なキャンパスを持っています。

また生徒は、現地の学生が買い物をする売店で、大学グッズなどを見る機会がありました。

 休憩後に、大学敷地内の森を観察に出かけました。グラスツリーという植物の花を観察したり、管理された野焼き、について説明がありました。またオポッサムの巣の写真を撮り、野生のコアラを観察しました。ガイドの方は2頭と言っていましたが、「あれはコアラじゃないですか?」と生徒が指差すと3頭目がいました。日本人グループで見つけたのは初めてだそうです。

 エコセンターという施設で、ヘビやトカゲの説明を聞きました。「ゴジラみたい」、という感想が聞かれました。またカメを観察するとともに、触れる機会もありました。肉食のものは頭を触ると噛み付くので危険なんだそうです。トカゲに生きた餌を与える実験もしました。

 生徒はどんな生物も気味悪があったりせず、全員が触って体験をしていました。さすがSSHのツアーです。

 お昼にハンバーガーを食べ、カンガルーポイントと言う展望台に行きました。写真をたくさん撮って良い思い出になったと思います。その後、ブリスベン市内で自主研修としました。

 揃っての夕食は最初で最後です。すべてのプログラムを終了して安心するとともに、日本に帰りたくないと言う声も聞かれます。

 明日の朝は6時に朝食をとり、空港に向かいます。

 

  

 

0