今日のSSH

今日のSSH

サイエンス教室「GISソフトを体験しよう!」

 

 9月26日(土)の午後に本校コンピュータ室で今年度2回目のサイエンス教室「GISソフトを体験しよう!」が開催され、36名の生徒が参加しました。

・GPS(全地球測位システム)を利用した、飛んでいる飛行機の位置、航行している船の位置が地図上でリアルタイムでわかるインターネット上のサイトを見て、様々な情報が地図上に表示されると理解しやすいことを学びました。

・気温や風などの気象データが世界地図上に表示されたサイトを見て、天気予報等に活用されていることを学びました。

 

・GIS(地理情報システム)のフリーソフト「MANDARA」を実際に操作し、都道府県別に人口増減や、新型コロナ感染者数の塗分けマップを作りました。

・住所を緯度・経度に変換し、地図上に表示した分布図を作りました。

【参加した生徒の感想】

・分布図などを、自分で簡単に作ることが分かり、また分布図では、区切りの数値を変えることによって、それを見た人の印象を大きく左右できてしまうことがよく分かった。自分で分布図を作るときは、伝えたいことを的確に伝えられるような数値に設定したい。

・GISソフトによってこんなに多くの情報を得られるとは知りませんでした。設定を自分で細かく変えられるのが面白かったです。

0

日経サイエンス編集長 古田彩先生講義(生徒の感想)

 8月18日(火)午後、日経サイエンス編集長の古田 彩先生による、オンラインサイエンス講義が行われました。生徒は自分のスマホ、パソコン等で自宅から参加しました。講義を聞いた生徒の感想を掲載します。

・先生が研究者ではなくて編集者になった動機を聞いて、科学にいろいろな携わり方があるんだなと思いました。記者のお仕事は面白そうだと思いました!
・今のところ私は科学者になりたいと思っていますが、科学を書く仕事について今回知ることが出来たので将来の夢の幅が広がりました。
・量子コンピュータはまだ開発途中ではあるが、計算の早さがスーパーコンピュータよりもずっと早いことを知った。そして、新しい物理の計算方法とこれまでの計算方法が違うことを知らなかったため、勉強になった。
・STAP細胞の研究不正についてのお話が印象に残った。故意でも故意でなくても、研究は公正さを保たなくてはならないと思う。
・古田先生の編集長になるまでの経緯や、理科の少し踏み込んだ話を聞けて、とても興味深かったです。オンラインになってしまったのは少し残念でしたが、ためになるお話を聞けて良かったです。質問にも詳しく答えていただき、ありがとうございました。

0

サイエンス教室「プラスチック」

 10月26日(土)の午後、希望者を対象にサイエンス教室「プラスチック」が開催され、1年生から3年生まで計33名が参加しました。

 プラスチック(合成樹脂)はどんなところに使われているか、材料からどうやって作るか、作り方(重合のしかた)の違い、目的に応じて作られる様々な機能を持ったプラスチックについて、などの説明と、実際に材料を重合させてプラスチックをつくる実験を行いました。

 *当日は授業公開及び学校説明会だったので、中学生とその保護者の方も数名参加されました。

下の写真は、紫外線で重合する樹脂(UVレジン)で固めて作ったものです。

【 参加した生徒の感想 】

 ・いろいろな製品にプラスチックは使われていて、形を変えやすいものであると知った。

・自分たちで実際に作るのが楽しかった。

・プラスチック製品を見たときに、その分子構造が気になるようになった。

・授業でやったことの復習になった。

   

0

サイエンスフェアに参加しました

11月10日(日)に大宮ソニックシティでサイエンスフェアが開催されました。

県内の13の高校が集まり、実験ブースと研究発表を行いました。

本校の実験ブースではSSHクラスの1年生が「ゾートロープ(回転覗き絵)」作りを行いました。

隙間からのぞくと絵が動いて見えるものです。

 

上の写真の折り鶴は静止して、羽ばたいているように見えます。

(実際は台の板ごと回転しています)

 

SSHクラスの2年生がポスター発表しているところです。

 

 

0