今日のSSH

今日のSSH

サイエンス教室「プラスチック」

 10月26日(土)の午後、希望者を対象にサイエンス教室「プラスチック」が開催され、1年生から3年生まで計33名が参加しました。

 プラスチック(合成樹脂)はどんなところに使われているか、材料からどうやって作るか、作り方(重合のしかた)の違い、目的に応じて作られる様々な機能を持ったプラスチックについて、などの説明と、実際に材料を重合させてプラスチックをつくる実験を行いました。

 *当日は授業公開及び学校説明会だったので、中学生とその保護者の方も数名参加されました。

下の写真は、紫外線で重合する樹脂(UVレジン)で固めて作ったものです。

【 参加した生徒の感想 】

 ・いろいろな製品にプラスチックは使われていて、形を変えやすいものであると知った。

・自分たちで実際に作るのが楽しかった。

・プラスチック製品を見たときに、その分子構造が気になるようになった。

・授業でやったことの復習になった。

   

0