今日のSSH

今日のSSH

中央小学校わくわく科学教室

2019.8.21  9:25~11:50    SSHクラス SSG1 1年生16名、2年生10名参加

中央小学校 3年~6年生 120名 、先生21名 計141名参加

物理、化学、生物、地学の4つのブースでわくわくする体験をしてもらいました。

物理:物理でアート  化学:この液体なあに?-実験で調べてみようー

生物:君もチリメン・マスターだ!海の小さな生きもの達 地学:手のひらの星座

0

SSH指定女子高校等7校研究交流会がお茶の水女子大学で行われました

2019.8.20  9:00~16:30

埼玉県立浦和第一女子高校、埼玉県立熊谷女子高校、茨城県立水戸二高校、群馬県立前橋女子高校、栃木県立宇都宮女子高校、お茶の水女子大学附属高校、埼玉県立川越女子高校の7校がお茶の水女子大学で交流しました。お茶の水女子大学の先生方に11の実習テーマを用意していただき、研究の進め方や方法、考え方を学びました。その後、7校の生徒が12のグループに分かれ、生徒同士のフリートークで交流を深めた1日でした。

<実習テーマ> 

1.情報科学入門講座 入門!ゲームプログラミング        2.分子系統樹を作ろう

3.動物細胞の培養・伸展           4.マウス大脳皮質の情報動態を解き明かす

5.ヒトデを用いた減数分裂と受精                   6.生きたままの細胞内を観る

7.建築デザイン工学ーマシュマロ・チャレンジー          8.高校数学で学ぶ級数の世界

9.超伝導マイスナー観測     10.表面張力を測る      11.いろいろな電池

0

【SSH】臨海実習

7/29(月)~7/31(水)の2泊3日、21名の希望生徒が参加し
毎年恒例の臨海実習が行われました。実習は千葉県館山市にある、お茶の
水女子大学の湾岸生物教育研究センターで行われ、天候にも恵まれ有意義
なものとなりました。内容は以下の通りです。

・ウニ(タコノマクラ、ムラサキウニ)の受精~プルテウス幼生までの発生の比較観察

・ウミホタル採集と観察

・潮だまり生物の磯採集と観察、分類、同定

・海藻の観察、海藻の光合成色素の抽出と海藻標本の作製

・ナメクジウオの観察

0

北関東SSH等女子高校6校合同 京都大学研修

 7月24日(水)から7月26日(金)まで、2泊3日の行程で京都大学研修に行ってきました。茨城県立水戸第二高校、群馬県立前橋女子高校、栃木県立宇都宮女子高校、熊谷女子高校、浦和第一女子高校、本校の計6校から総勢41名の生徒が参加しました(本校からは10名)。
(写真は京都大学附属花山天文台にて)

 一行は3つの分野に分かれ、数学・物理分野と化学・地学分野は京都大学理学部、生物分野は京都大学放射線生物研究センターにて研修を行いました。

 
(左)理学研究科副学科長 田中先生 (右)理学部で研修を受けた22名と大学生・院生の皆さん

 
(左)(右)薄層クロマトグラフィーの実験

 
(左)(右)花山天文台 太陽光を観測する施設

 
(左)太陽光のスペクトル(右)太陽の黒点観測装置

 大学の先生による講義、実験、大学院生による研究紹介および実験施設の案内がありました。化学・地学分野では大学附属の花山天文台での講義およ施設見学もありました。よく晴れていたので、太陽の観測がしっかり行えました。
 少人数に分かれての研修だったので、生徒たちは気軽に質問していました。3日目に行われた学生・大学院生との懇談会では、大学生活や受験について話を聞き、生徒は大学で勉強することについてのイメージをつかむことができたようです。京都に行った初日に近畿地方が梅雨明けして、大変暑い3日間でしたが、変化に富んだ、内容の充実した研修でした。

 
(左)地学・「地球自転と大気・海洋の流れ」吉川先生 (右)学生・大学院生との交流会

 
(左)(右)大学院生による研究紹介 化学分光学研究室

【 参加した生徒の感想 】
・1日目の実験ではフルオレセインという蛍光物質を合成した。蛍光とは自分で光を出すことで、普通の物質がいろんな色に見えている(特定の波長の光を反射することでその色に見える)のとは違うということが分かった。
・2日目は天文台を見学したり、「コリオリの力」について、実験をやりながら講義を受けた。台風はどうして北半球では反時計回りなのか、西高東低の気圧配置の時、単純に気圧の高い方から低い方へ風が吹かないのはなぜかが分かった。
 天文台の見学では、太陽の黒点を観測している先生からお話を伺った。黒点観測を継続することの重要性が理解できた。太陽光を回折格子に通してできる可視光線のスペクトルを見た時はすごくきれいで感動した。地学を理解するには物理が大切だということが分かった。
・3日目は、大学院生の方から研究内容を説明していただいた。化学の「分子分光学」という分野がどのようなものかがわかった。
 実験装置にはアルミホイルが巻かれていて、その必要性も説明していただいた。
交流会では勉強への取り組み方や、大学で専攻している分野について質問したらとても丁寧に答えてくださって、自分もしっかり勉強しなくちゃ!とモチベーションが上がった。

0

SSH早稲田先端生命医科学研究センター研究室体験

2019年7月27日(土)
早稲田大学 先端生命医科学研究センターでの研究室体験には2年生を中心に13名の生徒が参加。学生・院生の高校生へのメッセージ「科学の面白さとキャリアデザイン」からはじまり、施設見学後、各研究室での実習に入った。分子生理学の加藤研究室、統合細胞生物学の富永研究室、植物生理学の園池研究室で、それぞれ素晴らしい体験ができた。最後は参加生徒による1分トークが行われ、皆さんからよい講評を得た。この経験が進路を考える参考となり、生物学の面白さを十分に知ることとなったと確信した。

0

SSH全国大会に向け、全校集会で研究概要を発表

2019年7月19日(金)
8月6日~8日SSH生徒研究発表会(全国)に参加する3年吉田飛菜さんが、全校生徒にその研究概要を説明した。研究テーマは「川越女子高校敷地内からの新規有用細菌の探索」校内の花から乳酸菌の採取と単離を試みた。結果として、乳酸菌を発見することはできなかったが、有効活用が期待できる細菌を発見した報告である。ぜひ全国大会では、全国のSSH校の仲間と交流したくさんの刺激を受けてきてください。

0

出張講義本田技研工業エンジニアの先輩に聞く

2019.6.27川女卒業生 柴山彩那先輩に聞くーエンジニアの仕事ー
材料化学と構造力学に関する「たわみ」の実験では、「材料によってこんなに違うんだ!」と実感しながら「たわみ」をデータから算出してみました。複雑な計算式に四苦八苦。世界的自動車メーカー本田技研工業でのエンジニアとしての研究は生活は、とても楽しそうでした。
<先輩からのメッセージ>
 理系は難しい、と思いるかもしれません。ですが、みなさんが普段感覚的に理解していることの仕組みを説明していく分野です。本日の内容を通じて、理系の学問、仕事を少しでも身近に、そして面白いと思ってもらえたら幸いです。
0

英語プレゼンテーション講座開講

2019.6.8 今年もGary Vierheller 氏とSachiyo Virrheller氏夫妻を講師にお招きし、2日間の英語プレゼンテーション講座がはじまった。本日は1回目。「Do not belive us!!!」から始まった。 間違えを恐れず、自分から進んで意見を主張する、他の人の意見に耳を傾ける姿勢でコミュニケーションを行った。その後、グループごとにステージ大きく使い、歩きながら、大きなジェスチャーでプレゼンテーションを行った。第2回は演壇でのプレゼンテーションとなる。78名の参加者がさらに実力を上げることが予想される。
0

2019.6.2 高大連携教育「一日東工大生」参加

2019.6.2 本校10名(2年生2名、1年生8名)が、「一日東工大生」プログラムに参加。
昨年度SSHクラス卒業生2名が、東工大に合格しました。そのうち1名の卒業生が中心となって、多くの仲間とともに東工大のこのプログラムを運営していました。近藤教授の「からだの中を光で診る」の講義を受け、岩附工学院長の「振動を使って走る機械」を作り、先輩のおもてなしを十分受け、充実した1日となりました。先輩はきらきらしていました。
0

【SSHサイエンスツアー】理化学研究所見学

4月20日、理化学研究所和光地区一般公開に本校2年生55名が参加しました。
たくさんの研究紹介があり、生徒たちは自身の興味や関心を深めている様子でした。
特別講演会やサイエンスレクチャーなど、様々なイベントも催され、楽しみながら
最新の科学研究に触れることができ、有意義な研修となりました。

 


0