バレーボール部 最近の活動

夏休み中の活動について【バレーボール部】

夏休み中もバレーボール部は

1年生6名、2年生7名の計13名で元気に活動します。

 

練習の予定や雰囲気、活動の内容その他など気になることがありましたら

バレーボール部顧問 渡邉達也までご連絡いただければと思います。

 

勉強もバレーボールも高いレベルで頑張りたい中学生は

ぜひ川越女子高校へ!!!

 

<連絡先>

川越女子高校 ℡049-222-3511  顧問 渡邉

令和4年4月~6月の活動【バレーボール部】

今年度の4月には春季大会が開催されました。

この大会で地区大会優勝を目標に練習を積んできました。

 

初日は順当に勝ち進み、準々決勝 対 狭山清陵高校戦

苦手なリズムでのバレーボールを展開され、1セット目の終盤まで自分たちのリズムが作り切れず最初のセットを

落としました。2セット目は、相手の攻め方に対する慣れもあり、サーブも走りとることが出来ました。

勝負の3セット目でしたが、終盤までシーソーゲームで展開し、勝負所で決めきることが出来ず準々決勝で敗退と

なってしまいました。

 

5月には関東大会埼玉県予選がありました。

地区大会で目標達成はできなかったものの、県大会で少しでも良いプレーをすることを目標にしました。

直前にコロナの影響を受けてしまいチームが通常の形で試合に出場することが出来ず惨敗でした。

 

6月は3年生の最後の大会であるインターハイ予選の県大会に出場しました。

直前のチームの状態が悪く、非常にタフな試合ばかりでした。

1日目:初戦 埼玉栄高校 フルセットで勝利

    二回戦 川口市立高校 ストレートで勝利

2日目:三回戦 本庄高校 ストレートで勝利

    四回戦 花咲徳栄高校 ストレートで敗戦

 

最後の大会はベスト8で、3年生は引退となりました。

この大会は3年生の保護者のみ試合を観戦することが出来ました。最後に保護者の方にしっかりとしたバレーボールがを見

せることができて本当によかったです。

 

入学して2か月、その冬の3か月、自分たちの代の夏の3か月、春の1か月。

半年以上コロナに部活動の時間を奪われながらも

部活ができるときには、最大限に部活動に力を注ぎ、頑張ってきた3年生でした。

 

引退翌日からは、すでに新チームが発足しています。

またホームページを更新して活動内容を報告したいと思います。

 

今後とも応援よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

久々の更新です。【バレーボール部】

1年以上更新せずに申し訳ございませんでした。

 

時系列順に報告と更新をさせていただきます。

令和3年度の活動を振り返ります。

 

4月春季大会 地区大会ベスト8 県大会出場決定

エースがケガで出場ができない中、下級生が奮闘し、なんとか県大会出場を決めました。

5月関東大会県予選 一回戦敗退ベスト32

 狭山清陵高校にフルセットで敗退しました。独特なリズムのバレーに崩され

 最後はラリー負けしてしまいました。

6月インターハイ予選 二回戦敗退

 東部地区ベスト4の草加南高校には何とか勝利し、東部地区優勝校の昌平高校と対戦をしました。

 レベルの高いバレーでしたが、しっかりついていき20点台にのせることが出来ましたが、最後は力の差が

 出てしまいました。三年生はこの大会で引退となりました。

 このとき引退した三年生3名は、受験勉強を乗り切り、しっかりと進路を決めそれぞれ国公立や有名私立大学に

 進学しており、現在もできる限りの大学生活を送っているそうです。

ーーーーーーーーーーここから新チームーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

7月~9月

 コロナの影響で、部活動の制限が多くありました。

 練習効率を考え、人数を半分にして練習を行ったり、オンラインで課題に取り組んだり、するなどして10月の大会に向

 け準備をしました。

10月

 新チーム初となる公式戦、全日本選手権大会の地区予選に参加しました。他の強豪校は3年生が出場する中、新チームで

 の参戦となりましたが、3年生が残っているチームにも何とか勝利し地区大会ベスト8となりました。

11月

 選手権大会埼玉県予選に出場しました。一回戦の松伏高校戦では、的確なところにボールを集め競ったゲームでもなんと

か取り切ることが出来ました。二回戦の国際学院との試合では、大きくリードする場面もありましたが、レシーブをきれい

に返され力強いクイックでリズムよく点数を取られ敗戦してしまいました。

12月

 修学旅行の翌日でしたが、川越市民体育祭に出場しました。決勝戦で市立川越高校と試合をし大差で敗戦しましたが、次の新人戦に向けて課題が見つかりました。

1月

 新人大会地区予選に出場しました。初日で県大会の出場が決まり、準々決勝で市立川越高校と試合をしましたが、やはり力の差が大きく大差で敗戦してしまいました。

2月

 新人大会県予選が開催される予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で中止となりました。

 ここからは春の大会に向けて活動日数を制限しながらの活動となりました。

 

令和3年度編 終わり

 

 

 

顧問より【バレーボール部】

新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。

 

この3年間は、自分の今後を大きく形作る3年間です。

そして自分をより大きく成長させることができるのが川越女子高校です。

 

まだまだチャレンジできることがたくさんあります。

小さくまとまらず、大きな目標を掲げて進みましょう!

 

高校生なら全員勉強をしています。差がつくのはどこでしょうか?

授業以外の勉強ですね。

 

良い意味で欲張りな高校生活を送ってください!!

 

新年度が始まりました【バレーボール部】

1月の新人戦がコロナにより中止になり、部活動の停止期間が2か月ほどありました。

3月2週目より徐々に練習を再開しました。

 

慣れない中で体を動かし始めたので、運動量を少しずつ増やしていくようにして始めるようにしました。

練習試合が解禁になっても、まずはチームがしっかり動けるように練習をしてからと考え

1週間は自分たちで練習、次の週から練習試合を始めました。

 

部員のコンディションは悪くはなく順調にいけばよい状態で地区大会が迎えられそうです。

年度最初の大会は、4月24日・25日の春季大会です。

 

応援よろしくお願いいたします。

 

埼玉県西部支部技術講習会・県技術講習会【バレーボール部】

 

11月22日に埼玉県の技術講習会が伊奈学園で開催されました。

本校からは、1年生1名、2年生1名が西部地区の選抜選手として4地区対抗戦に出場しました。

 

レベルの高い試合を経験することができました。

 

新人戦に向けての課題として乗り越えられるように頑張ります。

選手権県大会結果【バレーボール部】

 

11月6日(金)第73回全日本バレーボール高等学校選手権大会埼玉県予選

 

一回戦:川越女子1(25-19 24-26 20-25)2久喜

 

一回戦で敗退しました。

マッチポイントを取ってから、負けてしまうという非常に悔しい試合となりました。

 

競った展開になると自滅で失点するケースが非常に多くありました。

1年生が半分以上入っているチームです。まだまだ未熟な部分が多くあります。

今後の課題として練習していこうと思います。

 

選手権大会地区予選【バレーボール部】

10月24日、25日に選手権大会地区予選がありました。

 

【10月24日(土)】

一回戦

 川越女子 2(25-10 25-7) 0 西武文理

 

二回戦

 川越女子 2(25-17 25-10)0 山村学園

 

地区ベスト8に進出し、県大会出場を決めました。

 

【10月25日(日)】

準々決勝

 川越女子 0(16-25 19-25)2 聖望学園

 

1年生大会に続き、聖望学園との試合になりました。

練習試合では、8月・9月と練習試合をしたときは、ほぼ手も足も出ない状態でしたが

この2か月で大きく進歩したと思います。

 

3年生が残っているチームとの対戦でも臆せず、しっかりと自分たちのバレーボールができていたと思います。

レシーブは良く上がっていましたが、決定力の差が大きく出てしまいました。

 

しっかり練習を積み重ね、まずは県大会で良いバレーが展開できるようにしていきます。

 

 

県大会の組み合わせは下記の通りです。

11月6日(金) 10:30~ 対 久喜高校 です。応援よろしくお願いします。

https://hssv.jp/wp-content/uploads/年度別文書/R02/30.選手権/20_選手権_女子組合せ.pdf

 

1年生大会【バレーボール部】

9月26日に技術講習会(1年生大会)がありました。

 

感染症対策のため、例年のようなリーグ戦は行われずトーナメント方式での試合となりました。

対戦相手は聖望学園です。

 

実は事前の練習試合で1セットだけ前哨戦を 川越女子 対 聖望学園 で試合をしました。

30対30まで続いてしまい、他の試合進行に影響が出てしまうので打ち切りとしました。

続きは1年生大会で……ということで一回戦から聖望学園と対決をしました。

 

<試合結果>

 川越女子 0 (23-25  23-25) 2 聖望学園

 

またもや接戦でしたが、初戦敗退となりました。

課題はブロック裏のボール処理でした。

 

次は公式戦の選手権大会地区予選です!!

 

【バレーボール部】普段の活動の様子①

普段の活動の様子を動画でお伝えします。

https://youtu.be/ACu5Rcn8he0

今回お見せするのは練習のほんの一部です。この練習は色々な目的がありますが、今回はボールから目を離すことと忙しい人を助けることを目的としています。

 

コロナ禍においても、中学生のみなさんが活動の様子を知ることができるよう様々な方法を準備しております。

 

ご興味のある方は是非川越女子高校 渡邉までご連絡いただければと思います。

【バレーボール部】川女でバレーがしたい中学生へ

中学生のみなさん!

勉強もバレーも頑張りたいなら川女です!

 

川女なら勉強・部活・学校行事も全力でできます!!

 

それは過去の先輩たちがすべて証明しています!!

全てが充実した学校生活を送るなら川越女子高校へ!!

そして一緒にバレーボールをしましょう!!

 

まだ迷ってるみなさん!!

迷ったらチャレンジです!迷ったら攻める!攻めなければなにも残りません!!

 

 

もしご興味がご関心のある方は、川越女子高校 ℡049-222-3511 

までご連絡いただければと思います。

連絡の際は、バレーボール部顧問の渡邉まで宜しくお願いいたします。

 

昨年も沢山の問い合わせがありました!

ご連絡お待ちしております。

 

後日、練習風景などの動画をアップロードしたいとも考えていますので、更新を楽しみにしていてください。

次回の更新は9月16日(水)です。

 

【バレーボール部】新チーム

 

7月より発足した新チームは、感染症対策をしながら活動しています。

・活動前の検温 ・近距離での大きな声での発声 ・休憩時に密にならない 

・換気の徹底 ・手洗いの徹底 など様々な対策を行っております。

 

1年生は10名が入部しました。

中学の頃から川女バレー部に入りたいと言っていた選手、部活動を見学して決めた選手など

様々な選手がいます。

 

2年生が3人のため、10名もの1年生の入部は本当に大きな意味があります。

先輩たちのように日々の積み上げをしっかりとして今年も良いチームを作っていきます!!

 

【バレーボール部】三年生の引退

8月21日(金)に三年生の引退式が行われました。

 

2・3年生チーム対1年生チームで2セット、1年から3年までを混合で1セット試合をしました。

夏季大会の出場できず、区切りのつけ方が非常に難しかったですが

少しだけですがユニフォームを着てプレーをする機会を設けることができました。

 

1年生はバレー好きな選手が非常に多く、少し強く感じました。

本来なら春と夏の大会でやろうとしていた形で、3年生全員がコートでプレーができる方法で試合ができました。

 

 

また3年生の選手から「ハイキュー‼ユニフォームプロジェクト」という企画に申し込みができないかという依頼を受

け申し込みをしました。

8月24日の読売新聞でも掲載された、インターハイ決勝の会場に企画に参加するチームのユニフォームを持っていき

写真撮影をしてくれるという企画です。

※新聞記事は、体育館に掲示します。

 

必死にバレーボールをしたこのひと時は、みなさんの人生の土台です。

そしてみなさんの背中を追って川女に入学した選手がいます。

 

みなさんが築いてきたものを、より価値のある素晴らしいものにしていけるようにしていきましょう。

 

バレー部の三年生のみなさん。お疲れさまでした。

 

【バレーボール部】夏季大会の棄権について

4月10日ぶりの更新です。

 

埼玉県では

8月1日、2日に地区大会、15日、16日に行われる県大会をインターハイの代替大会として開催します。

 

この大会には3年生の出場も可でしたが、川越女子高校は3年生が出ないということもあり

今大会は棄権をするという判断をさせていただきました。

 

したがって3年生は、引退するということになります。

1,2年生での出場も選択肢としてはありますが、7月末はテスト期間です。

次の選手権大会直前もテスト期間です。

試合の直前1週間ということであればテスト期間中に特別に練習をすることもできますが

川越女子高校バレーボール部は、部活動をしっかり行いながら、進路実現をすることをモットーとしています。

総合的に考えて、川越女子高校は今の時期に無理をしてバレーボールをやるべきではない。

そう考えます。

 

色々な思いや考えもありますが、今大会はこれが私たちにとってはこの選択がベターだと考えます。

コロナ禍と呼ばれるこの時期に、価値観を問われることは多くあります。ショックな出来事も多くあります。

この棄権に関しては、このよな機会を設けていただいたのに大変申し訳なく思いますが

今がすべてではありません。私たちには先があります。 

 

そしてどんな時でも変わらず価値があるのがスポーツです。

楽しく、一生懸命、みんなでボールをつないで喜び合える環境を整えて、今後の活動をしていけるようにしていきたいと思います。

 

肩甲骨の可動域を広げる【バレーボール部】

 

いずれ体育の方で情報発信をしようと思っていますが先取りです。

 

一番最初のWeb部活動で写真で投稿した内容を動画にしてみました。

10分の動画になっているので、とばしながら見ても大丈夫です。

 

https://youtu.be/B40E2b9H8iw

 

 

運動には様々な理論があります。

その中に「可動域全域で運動をしなければ意味がない」という理論があります。

 

可動域を広げてから、可動域全域で運動を行うと効率的に柔軟性や関節の安定性の獲得ができるといわれています。

準備運動、ウォーミングアップは練習効果を上げるために行っているんです。

 

今現在、いろいろな運動の動画がyoutubeに投稿されています。

女子高生の運動課題は、筋肉の使い方を知らない、筋力不足のため安定性がないというところです。

動きのエラーが多いとケガにつながってしまいます。

他の人たちより知識を持った状態で投稿されているような運動をすると、運動の効果も大きいですよ。

 

一般的なトレーニングの本を何冊か読んだだけだとわからないことがたくさんありますのでもし運動に興味がある人は、学校が始まったら聞いてみてくださいね。

 

1人でできるボール遊び/難易度:ハード【バレーボール部】

 

本日はチャレンジ動画のアップです。

 

風船とか、ポリ袋に空気を入れて膨らませたものでもできると思います。

名付けて「人間けん玉チャレンジ」

 

一般の方もできるかもしれません。

ただ周りに人がいると危ないかもしれません。

もし家でやる場合は、天井が高いところでやってください。

障子やふすまに気を付けてください。

 

普通のボールでやると、多分何かを壊してしまいますからそこは実態に合わせてやってみましょう。

 

<やり方>

アンダーハンドパスで直上パスをする。三回目に落ちてきたボールを頭・胸・右肩・左肩・右足インサイド・左足インサイドで上に上げ、最後は背面キャッチをする。

私は9回目で成功しました。

 https://youtu.be/xY-WplzzvNw

 

たまにブロックで吸い込んだボールを足で処理することがあります。だから足を入れてみました。

胸トラップは、少し体をそりながら、胸郭を開かないと難しいかもしれません。

 

家を破壊しないようにやってくださいね。

 

 

家にずっといる川女生の皆さんへ【バレーボール部】

バレーボール部の顧問ですが、保健体育の教員でもあるので少しストレッチについて説明をしたいと思います。

最後に動画があります。

PNF(Proprioceptive Neuromuscular Facilitation)を用いたストレッチです。

日本語で言うと固有受容性神筋促進法です。

要するに筋肉の自動性の反射を用いたストレッチですね。

筋肉を使う=筋肉は縮む=筋肉は固くなる これはわかりますよね?

そして筋肉は固くなると不具合を起こさないように、筋力を発揮した後に自動的に緩みます。

 

それを作用をうまく使って行うのがPNFを用いたストレッチです。

 

伸張反射は覚えていますか??筋肉は急激に伸ばされると切れたりするのではないかという危険を感じて勝手に縮む(固くなる)作用があります。これが伸張反射です。

膝蓋骨の下(大腿の筋肉はだいたい膝蓋骨の下にくっついています)をたたく検査といえば脚気の検査?という印象を持つと思いますが、伸張反射を理解するならその検査を思い出してみるといいと思います。

急激に伸びたら縮むという神経の反射を確認しているのがこの検査なんです。

皆さん、お風呂上がりのストレッチを頑張って痛みに耐えながらおこなっていませんか?

そうやってストレッチを行っていると反射が働いてしまい、柔軟性の向上の邪魔をしてしまうこともあります。

 

そこでこのストレッチ。ぜひやってみてください。

 

 

 

ところでみなさん、スポーツは理屈感情のどちらから始まるものだと思いますか??

スポーツの起源は、おそらく理屈ではありません。(自論ですけど……)

 

「面白そうだからやってみた」とか「すごいな。私もやりたい。」「私もあの人みたいになりたい!」いうところではないかと思います。

 

なのでとりあえずやってみればいいのかなと思います。

自慢ではないですが、私はある程度の領域なら理屈で語れる自信があります。

でも今この文章を読まずに下にスクロールしている人もいると思っています。

文字読むの面倒。とりあえず今日はどんな変な動画あげるのかだけみておくかな。という感じです。

 

でもそれもOKです。運動やスポーツはやってみないと楽しさはわかりません。

休校中に凝り固まった体を少しだけほぐしてみてください。

 

息は吐きながらやりましょう。感染症予防の原則もしっかりと気を付けながら、

健康な人同士でやりましょうね。一気に伸ばすと伸張反射ですよ。

 

 https://youtu.be/bK-zgdk0osk

 

 

 

関東大会について【バレーボール部】

 

まず報告です。

関東高等学校バレーボール大会が中止になりました。それに伴い県大会、地区大会も中止となります。

詳しくは埼玉県バレーボール専門部のホームページをご覧ください。

http://www.hssv.jp/

 

 

正直、今後どうなっていくのかわかりません。

 

教員でもありバレーボールの指導者である私たちは、みんなが少しでもバレーボールをやっていてよかったと思えるように最善を尽くします。

今まで平和な中でスポーツができていました。安心・安全の上にスポーツは成り立つんだということを本当に思い知らされています。運動や健康についてを教える保健体育の教員としての未熟さを痛感しています。

 

それでも私にできることはきっとあるはずです。

それぞれの役割があるとすれば

アスリート(プレーヤー)にできることは、最高のパフォーマンスをすること

監督・スタッフにできるは、その環境を整えること

 

苦しいけど、そうやって考えていくしかないのかと思っています。

 

それでも今一番苦しいのは、選手たちだと思います。

 

動画を見ろとも、ミーティングをしろとも言いません。

 

私はみんなが少しでも良い気持ちでバレーボールができる環境を整えて辛抱強く待ちます。

 

つたない文章ですみません。

明日から新年度です。 

 

最後にハイセット(二段トス)の動画です。

https://youtu.be/zanUS4kxcy4

 

動画で部活動5【バレーボール部】

こんにちは。

先週の金曜日は毎日更新していることについて悩んでしまい、更新をためらってしまいました。

毎日と言ったのにすみません。

でもとりあえず私にできることはバレーボールについて発信を続けることなので、再開したいと思います。

ただ発信の仕方を一つだけ変えます。前回までは感染症や今の環境に対してすごくネガティブな感情を抱いて更新作業をしていました。

ウイルスなんかに絶対負けないって思って、これでもか!と気合を入れながら更新していました。

でもスポーツはあくまでも人生の豊かにする文化であり、そこからはなれてはいけないと痛感しました。

ぶれてしまって本当にすみません。


 

 

前置きが長くなりましたが5回目です。

 

前回はスパイカーの助走からの動きで打てるか打てないかを判断するところにポイントがありました。

今回は味方の動きです。

動画でパスを出された瞬間をみて、どこにパスが行くのか予測をしてください。

 

動画の中では一度ボールが消えることがあります。(どこにいったか分からない時もあります)

そして一本だけ、ボールがネットを越えたシーンもあります。

手元のボールの出方見て、ボールの行先分かるようになればOK。

しっかり面を見ましょう。

基本的にボールを注視している時間の長い選手が多いです。

ボールを触ろうとしている人の方がボールに対して何をしようとしているのかをしっかり見ましょう。

 https://youtu.be/MqXEWmBNNIs

 

 

本日は以上です。