卓球部 最近の活動

卓球部 新人戦西部地区予選 結果報告

1月17日〜19日の3日間、所沢市民体育館にて、 新人戦の西部地区予選が行われました。 その結果を報告いたします。


〈団体戦〉
1回戦•••シード
2回戦•••VS川越総合高校 3-0で勝利
3回戦•••VS所沢西高校 3-1で勝利
準決勝•••VS坂戸西高校 3-2で勝利
決勝•••VS入間向陽高校 1-3で敗退
西部地区第2位


〈ダブルス〉
ベスト4  藤田(2年)・菅井(2年)ペア

ベスト16 高梨(1年)・奥澤(1年)ペア

以上2ペアが県大会進出


〈シングルス〉
ベスト16 高梨(1年)
ベスト32 菅井(2年)
以上2名が県大会進出


[大会を振り返って]
団体戦では、 9月の大会からワンランクアップの準優勝という結果でした。


準決勝の坂戸西戦では、まさに激戦でした。団体スコア2-2で、 5番手の奥澤(1年)が、相手に先にマッチポイントを握られながらも、 持ち前の粘り強さを発揮し、 ゲームオールのデュースで見事大逆転勝利をおさめました。 緊張した場面でも、 勇気と自信を持って自分のプレーを実行できたことが勝因だと思い ます。


決勝では、9月に敗れた入間向陽高校に、またしても敗れてしまいました。どの試合も競りましたが、 要所での一本が取れず、悔しい結果となってしまいました。 準決勝での、「良い意味での緊張感」 を保てないまま試合に入ってしまったことが敗因だと思います。 技術的にも、チームワーク的にも、課題の残る一戦となりました。


今回、レギュラーとして試合に出場できなかった生徒達が、 よくチームを支えてくれました。本当は試合に出場したい、 という思いを抱えているはずなのに、「 レギュラーが少しでも試合で良いパフォーマンスができるように」 と、ビデオの撮影やオーダー研究、記録や帯同審判など、 裏方の仕事を一生懸命こなしてくれました「 一人一人がチームを支えている」という「全員卓球」の意識がチーム内に浸透してきたように思います。


個人戦では、シングルスで2名、ダブルス2ペアが県大会進出を決めました。 シングルスでは10名中の7名が、ダブルスでは5ペア中の4ペアが、県大会決定戦まで進出しましたが、あと一歩届かず敗退してしまいました。その中で、ダブルスの藤田(2年)・菅井(2年)ペアはよく頑張りました。 強豪私立のペアを、2ペア倒してのベスト4は、本当に立派です。「公立高校でもやればできる!」 ということを証明してくれた二人の姿は、多くの部員に勇気を与えたと思います。次の大会では、 もう一ランク上を目指して、頑張って欲しいと思います。


今回の大会を一つのきっかけに、次こそは「地区大会優勝」 を果たすべく、努力していきたいと思います。


今後とも川女卓球部の応援をよろしくお願いします。

卓球部 埼玉県ジュニア選手権 結果報告

12月18日(土)、19日(日)、1月6日(木) の3日間にわたり、埼玉県ジュニア選手権(東京選手権予選) が開催されました。結果を報告致します。


ベスト48  藤田(2年)、高梨(1年)
ベスト96  菅井(2年)、鈴木(2年)、奥澤(1年)、関根(1年)
以下割愛


[大会を振り返って]
今大会、全員が1回戦を突破することが出来ました! 


特に、1年生の池田、鎌田、浜本の3人に関しては、 公式戦初出場にして初勝利をおさめました。 3名とも高校から卓球を始めましたが、 中学スタートの選手たちとも対等に渡り合えるほど成長してくれま した。ここまで、 ひたむきに頑張ってきた努力が報われたのだと思い、 顧問として非常に嬉しい気持ちになりました。


また、その他にも部員の半数の6名が、 シード権のポイントを獲得する所まで勝ち進むことが出来ました。 この結果は、県内の公立高校の中では、 トップクラスの成績でした。今までの練習で培った技術や、戦術が発揮出来たことが、 一つの勝因だったと思います。


しかし、その一方で、トップの強豪校との間には、 まだまだ実力の差があると感じました。 点数を取る事は出来るようになったものの、 要所での集中力の高さや粘り強さ、技術の精度や質など、 見習わなければならない点がたくさんあると感じました。他の強豪校に比べて、 練習時間が少ないからこそ「 今まで以上に練習の質をあげること」「 一つ一つの練習や技術に対してこだわること」「 他校以上に頭を使って卓球をすること」がこれからのチームの課題です。


今回の大会を糧に、これからも練習に励んでいきます。


今後も、川女卓球部の応援をよろしくお願いします。

卓球部 学校説明会・部活見学が行われました

10月30日(土)と11月13日(土) に学校説明会が開催されました。 今年度は短時間ではあったものの、 部活動見学の時間もありました。卓球部にも、 多くの中学生が見学をしに来てくれました。その中には、「 ホームページを見て興味を持った」、「 川女卓球部に入って強くなりたい」と言ってくれた子もいて、 とても嬉しい気持ちになりました!


そのことを部員に伝えると、「 今以上に強いチームになって新入生を迎えましょう!」 と言ってくれました。日々の部活動を通して、 人間的に大きく成長していると感じました。


今、私たちは、 1月に行われる「新人戦西部地区予選で団体戦優勝」を目標に活動しています。 もっと強いチームになって、 新入生を迎えられるよう頑張りたいと思います!


今後も川女卓球部の応援をよろしくお願いいたします。


[中学生の皆さんへ]
中学生の皆さん! 川女卓球部は、卓球はもちろん、勉強も行事も一生懸命取り組む、 とても良いチームですよ! やる気のある方なら大歓迎です! 来年の春、素敵な出会いを待ってます!!

更に強いチームを目指します!

卓球部 西武地区大会 結果報告

9月21日(火)~9月22日(水)の二日間、 所沢市民体育館にて西部地区大会が行われました。 結果を報告致します。

〈団体戦〉
1回戦・・・シード
2回戦・・・VS志木高校 3-0で勝利
3回戦・・・VS坂戸高校 3-0で勝利
準決勝・・・VS星野高校 0-3で敗退
3位決定戦・・・VS入間向陽高校 1-3で敗退

西部地区第4位


〈個人戦〉
ベスト16 高梨(1年)、奥澤(1年)
ベスト32 藤田(2年)


以上の結果になりました。


【大会を振り返って】
団体戦ではベスト4に入賞することが出来ました。


今回、2年生の3人(藤田、鈴木、菅井)が、 チームをよくまとめてくれました。ベンチメンバーも、 ビデオカメラの撮影など縁の下の力持ちとしてチームを支えてくれ ました。レギュラーもベンチメンバーも、1年生も2年生も、 まさに「全員で掴み取った」ベスト4だと思います。


一方で、目標としていた12校リーグ(今年度は10校リーグ) には進出できなかったということも事実です。 準決勝の星野高校戦、3位決定戦の入間向陽戦、どの試合も競り、 勝つチャンスは十二分にありましたが、ものに出来ませんでした。 強豪校相手にも十分戦えるチームに成長したものの、 まだまだ力の差があるということを痛感しました。
この悔しさは、 1月の新人戦で果たそうと選手達と決意を固めました。


個人戦では、1年生の高梨、奥澤がよく頑張りました。2名とも、 4月の入学当時から比べると、この半年で、随分安定感が出てきました。今後どのような選手に成長していくのかが、ますます楽しみです。その他には、2年生の藤田がベスト32に入りました。 1月の新人戦では、 このベスト32のラインが県大会に進出の規準になります。 1人でも多くの選手が県大会へと進出出来るよう、 引き続き指導していきたいと思います。

 

全体を通して、学びの多い大会でした。これからも「 質の高い練習」「文武双全」を合言葉に、 更なる高みを目指して精進して参ります。


今後も川女卓球部の応援をよろしくお願い致します。

 

卓球部 紫苑祭実施報告

9月11日(土)・12日(日)の二日間にわたり、文化祭( 紫苑祭)が行われました。 昨年度は中止となってしまった行事でしたが、 今年は校内公開という形で実施することが出来ました。


卓球部は、展示団体として、フォトスポットを作成しました。 忙しい夏休みの練習の合間をぬって、 少しずつ準備を進めていったそうです。


二日間でたくさんの人が写真を撮りに足を運んでくれました。 完成度も高く、お褒めの言葉をたくさんいただきました。


こうした学校行事にも、全員で、全力で取り組むことが出来るのも、 川女卓球部の魅力だと思います!


一層強くなったチームワークで、 21日から行われる地区大会も頑張りたいと思います!!


今後も川女卓球部の応援をよろしくお願いします。

卓球部 夏休みの活動を振り返って

3年生が引退し、新体制が発足してから約2ヶ月が経ちました。 卓球部はこの2ヶ月、 更なる高みを目指して練習に励んできました。


7月から、卓球場の大規模な工事が始まり、 活動場所が体育館2Fに移りました。台数も少なくなり、 練習時間も減ってしまう中、選手たちには「 限られた時間や環境の中で、どうすれば成果をあげられるか」 ということを、問い続けてきました。


選手たちは、一人一人この問いに向き合っていましたが、 チーム全体で「与えられた練習時間を大切にすること。 そのために、常に目的を持って練習をする」 という意識が共有できたと思います。


この夏で、技術も、部活に対する意識も、 大きく変化した選手たち。9月の下旬の西部地区大会で、 一人一人が出した答えがどう結果に表れるのか、 顧問として今から楽しみです。


大会まで残り約1ヶ月、 よい形で大会を迎えられるよう、練習に励んでいきたいと思います。


今後も、川女卓球部の応援をよろしくお願いします。

黒板に貼り、練習前に見ています。

黒板に貼り、練習前に見て、モチベーションをあげました!

 

卓球部 学校総合体育大会県予選会 結果報告

6月11日(金)~6月13日(日)の3日間、 上尾運動公園体育館にて、インターハイ予選が開催されました。 結果を報告します。


〈シングルス〉

藤田(2年)・高梨(1年)・・・共に2回戦敗退( 県ベスト64) 、篠原(3年)・・・1回戦敗退
 
 
〈ダブルス〉

篠原(3年)・横山(2年)ペア・・・3回戦敗退( 県ベスト32)

木村(2年)・藤田(2年)ペア・・・2回戦敗退


〈団体戦〉

1回戦・・・シード、2回戦・・・VS飯能高校 3-0〇、3回戦・・・VS正智深谷高校 0-3×(県ベスト16)
 
以上の結果となりました。
 
シングルスでは、藤田(2年)・高梨(1年) が県大会個人戦初出場、初勝利をあげることができました。 ダブルスにおいては、篠原(3年)・横山(2年)ペアが、持ち前の粘り強さを発揮し、 苦しい試合を勝ち抜くことができました。団体戦では、 インターハイ埼玉県代表校の正智深谷高校に、ダブルスが1セットを奪うなど、善戦しましたが、 力及ばず敗れてしまいました。それでも、 目標としていた県ベスト16に入ることができたのは、 大きな成長だと思います。
 
今回の大会で3年生は引退となります。この代は、 1年生から3年生まで指導した、最初の代でした。

2年半で、卓球の実力、人間性、ともに大きく成長してくれました。 後輩達の良い手本になってくれた3年生に心から感謝しています。 本当にありがとうございました。
 
さあ、いよいよ新体制。 選手一人一人がどんな成長を見せてくれるのか、 今から楽しみです。

今後も川女卓球部の応援をよろしくお願いいたします。


 

 

 

 

 

 

 

 

卓球部 西部地区大会 結果報告

4月19日(月)・20日(火)の二日間、上尾運動公園体育館にて 西部地区大会が開催されました。結果をご報告致します。


【団体戦】ベスト8  県大会進出


【ダブルス】ベスト8 篠原(3年)・横山(2年)ペア  

                     17位        藤田(2年)・木村(2年) ペア   以上2ペアが県大会進出


【シングルスベスト8  篠原(3年   ベスト32  藤田(2年)  高梨(1年)   以上3名が県大会進出


以上の結果となりました。団体戦については、 2-2まで競りましたが、細田学園に惜しくも敗れてしまいました。個人戦については「中学生時代は、個人戦で県大会に出場することが出来なかった」という選手が、 多く県大会に出場することが出来ました。 今までの努力が報われて、顧問として大変嬉しく思います。また、 今回の大会のシングルスは、 全員が1回戦を突破することが出来ました。 同じくらいの実力の選手相手に、 勝ち切ることが出来るようになったのは、 一つの成長だと思います。このチームを率いて3年目、 少しずつではありますが安定した結果を残せるチームになってきました。 県大会でも一つ上のランクを目指して頑張ります!

 

今後も川越女子高校卓球部の応援をよろしくお願いいたします。

卒業式が行われました【卓球部】

3月16日(火)に卒業証書授与式が挙行されました。卓球部からも、6名の3年生が卒業していきました。

この代は、私が顧問になって、初めて本格的に指導をした代でした。今までとは違う雰囲気や、新しい取り組みに困惑する場面も多かったと思いますが、前向きにとらえて、よく頑張ってくれました。西部地区団体戦ベスト4という結果は、3年生の力なくしては達成できませんでした。「新しい川女卓球部」の基礎を作ってくれた、皆さんに心から感謝しています。

4月からは、また新たな環境で、新しい生活が始まると思いますが、体調に気を付けて頑張ってください! 皆さんの新たなステージでの活躍を、心から願っています! 


【新入生の皆さんへ】

川越女子高校への合格おめでとうございます。 川女卓球部は、心身ともに大きく成長できる素晴らしいチームです。 卓球経験者から初心者まで、やる気がある人なら大歓迎です! 私たちと充実した3年間を送りましょう! 素敵な出会いを待ってます!!

卓球部 新人戦県大会 結果報告

2月7日に行われました新人戦県大会の結果を報告いたします。本年度は、シングルスのみの開催となり、川女からは2名の選手が出場しました。

 

鈴木(1年)・・・1回戦敗退  篠原(2年)・・・2回戦敗退(ベスト64)

 

どの試合も競りましたが、あと1本が出ず、悔しい結果となりました。この悔しさをばねにして、今後も精進してまいります。

 

これからも、川女卓球部の応援をよろしくお願いたします。

卓球部 新人戦西部地区予選 結果報告

1月27日(水)に、新人戦西部地区大会がおこなわれました。 今年度に関しては、団体戦は中止となり、 シングルスのみの実施となりました。


結果は、2年生の篠原さんがベスト4に入賞、 1年生の鈴木さんがベスト32に入り、2月7日(日) に実施される県大会出場を決めました。


篠原さんに関しては、苦しい試合を耐え抜き、よく勝ち上がりました。 強豪私立がひしめく西部地区において、 公立高校の選手がベスト4に入賞するのは、数年ぶりだそうです。高いレベルでの文武両道を実現している、素晴らしい選手です。これからも、もう一つ上のレベルを目指して頑張ってほしいと思います。


鈴木さんに関しては、中学校時代は地区で1回戦、 2回戦負けの選手だったそうです。しかし、入学してから、 持ち前の粘り強さと謙虚さで、 実力を伸ばしていきました。 ひたむきに努力を重ねたことが、 今回の結果に繋がったのだと思います。


二人には、西部地区の代表として、 県大会でも頑張って欲しいと思います!


残念ながら、今回結果につながらなかった選手については、この経験を糧により一層努力して欲しいと思います。4月の地区大会が勝負になると思います。全員で笑えるよう、日々の練習に高い意識を持って取り組みましょう。


今回の大会を一つのきっかけとして、 更なる高みを目指して精進していきたいと思います。今後とも、 川女卓球部の応援をよろしくお願い致します。

卓球部 所沢西高校・入間向陽高校と練習試合を行いました!

11月1日(日)に、所沢西高校と入間向陽高校と練習試合を行いました。両校とも、9月の西部地区大会で上位進出を果たしているチームで、参考になる選手ばかりでした。

試合を通じて、強い相手にも、自分の得意な展開に持ち込むことが出来る選手が増えてきていると感じました。選手達の成長を実感することができ、顧問としても嬉しい限りです。 中でも一番嬉しかったのが、高校からラケットを握った部員が、初勝利をあげたことです。周りが経験者ばかりの中、必死に追いつこうと努力を重ねていたので、その努力が報われたと感じ、とても嬉しい気持ちになりました。ぜひ、これからはもう一つ上のレベルを目指し、努力を重ねていってほしいと思います!

収穫の多い、充実した練習試合となりました! 所沢西高校の皆さん入間向陽高校の皆さん、ありがとうございました!

卓球部 坂戸西高校と練習試合を行いました!

10月24日(土)に、坂戸西高校と練習試合を行いました。授業後の13時からという、短い時間でしたが、たくさん試合をこなすことが出来ました。

試合を通じて、強豪校は、普段の練習から、高い意識を持っていることを再認識しました「練習から緊張感のある雰囲気を作る」「一つ一つの動作を素早く行う」「記録を取り、試合後に反省を行う」など、どれも、強くなるためには必要不可欠なことです。それを、チーム全体で徹底出来ているからこそ、強いチームになるのだなと感じました。「試合に入る前から、試合は始まっている」という言葉の重みを、改めて痛感しました。

今回の練習試合をきっかけに、日ごろの練習への取り組み方を見直したいと思います。充実した練習試合になりました。坂戸西高校のみなさん、ありがとうございました!

 

卓球部 西部地区大会 結果報告

 久しぶりのHP更新となりました。今後は、定期的に活動の様子を更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします!

 

 先月の9月15日(火)、9月16日(水)に開催された、西部地区卓球大会に参加してきました。新体制になって、初めての公式戦。先輩たちの思いも胸に、チーム一丸となって試合に臨みました。

 

 結果としては、3回戦で、代表校になった坂戸西高校に惜敗し、西部地区ベスト8という結果でした。どの試合も、非常に競りましたが、大切な場面で、あと1本が取り切れませんでした。強豪校の底力に感心するとともに、我々の未熟さを痛感する大会になりました。

 

 敗戦後、ミーティングを行ったところ、どの選手も悔しさを噛みしめていました。「もっと上手になりたい。」「試合で勝ちたい。」「悔しさを晴らしたい。」という選手たちの言葉を聞いて、「このチームは絶対にもっと強くなれる」と確信しました。

 

 今回の敗戦を糧にして、また一から選手と共に出直します! そして、次の大会では、レベルアップした「川女卓球部」を見せられるように、日々努力を重ねていきたいと思います!

今後も、川越女子高校卓球部の応援をよろしくお願いいたします。

休校期間の過ごし方について②【卓球部】

先日卒業式が行われ、卓球部からも3年生6名が卒業していきました。一緒に活動したのは約3か月という短い期間でしたが、練習や居残り練習に一生懸命取り組む姿が、とても印象に残っています。また、懸命に声を出し、相手に向かっていく姿に胸を打たれました。

3年生の皆さんには、部活動を通じて学んだことを活かし、新たなステージでも頑張って欲しいと思います。改めて、ご卒業おめでとうございます。そして、たくさんの感動をありがとうございました!


さて、現役の部員の皆さんはいかがお過ごしでしょうか?先が見えない状況に、戸惑っている人が多いと思います。しかし、今私たちに出来ることは、「今の状況でもどうすれば上達出来るか」を考え、それを実行していくことです。今日は、3/12(木)にアップした【休校期間の過ごし方について】の➀で書いたプレー分析の具体的な方法を紹介したと思います。

 

まず、自分の得意とする技術を思い浮かべてみてください。

 

ツッツキやドライブ、ブロックなど、それぞれ得意とする技術や展開があると思います。

ここで考えたいのは、「どのようにして、その得意な技術を試合の中で使い、得点に結びつけていくか」ということです。試合を有利に運ぶためには、「自分の得意な技術を積極的に使い、自分の有利な状況を作り出す」ということを意識することが大切です。そのため、戦略的に、そして意図的に得意な技術を使って、有利な状況を作り出すことが求められます。

 

では、具体的にどのようにしたら、自分の得意な技術を試合の中で使うことができるでしょうか?

以下の項目を、ノートに書き出しましょう。

項目を埋めながら、自分の得意な技術を使い、有利な展開に持ち込むために、どのようにすれば良いのかを整理していきます。

例えば、上回転に対しての回り込みフォアドライブが得意な選手がいたとします。その選手がこのシートを埋めるとどうなるでしょう?

 

あくまで一例ですが、自分の得意な技術(上回転に対しての回り込みフォアドライブ)を使うために、自分がサーブの時に何をすべきかが明確になりました。これが戦術です。

自分の得意な展開にするために、相手に何をさせるのか。そのためには、自分は何をすべきなのか…。自分のプレーを思い浮かべ、この期間にたくさん戦術を立てましょう。

 

 

最後に、ある有名な卓球監督が、ケガをして練習することが出来ない選手へ言った言葉を紹介したいと思います。

 

「ケガで練習できないのなら、ケガをしていない部分を鍛えなさい。腕がいたいのならば下半身を。体を動かせないのならば頭を鍛えなさい。」

 

ボールを打つだけが卓球の練習ではありません。今出来ることを探し、レベルアップしていきましょう!

 

 卓球部顧問Aより

休校期間の過ごし方について【卓球部】

第五考査や学力検査も終わり、4月の地区大会に向けていよいよラストスパート!!と思っていた矢先、新型コロナウイルスの関係で、練習を行うことが出来なくなってしまいました。卓球部の皆さんも、がっかりしたと思います。特に3年生については、最後の大会が近づいているのにボールを打つことが出来ないことに、不安や焦り、歯がゆさを感じていることでしょう。

 

しかし、このような事態になってしまっては仕方ありません。ボールを打つことが出来ないなら、出来ないなりに勝利に向けて別の努力していかなければなりません。「ボールが打てないから上達出来ない」と、簡単に諦めるのではなく「どうすれば今の状況でも上達出来るか」ということを考えていく必要があると思います。

 

卓球というスポーツは、個人でプレーすることが大半です。ダブルスは例外ですが、基本的に一人でプレーを行います。コートに立ったら、プレーをするのは自分自身です。ベンチコーチはアドバイスをしてくれますが、直接打球に絡むことは出来ません。どんなボールが来ても、自分の力で返球をしなければいけません。つまり、自分の能力がそのまま結果に反映されるスポーツだと言うことが出来ると思います。

 

そのため、この期間に自分で努力をしてみてください。そして、この期間を有意義なものにしてください。この期間で踏ん張ることが出来る選手が、きっと春の大会で笑えると思います。

 

オススメの自主練習方法を以下にまとめます。是非取り組んでください。

 

①ノートに、自分の得意な技術(展開)、苦手とする技術(展開)を書き出す。

自分が得意としている技術や展開は何か、反対に苦手な技術や展開をノートに書いてみましょう。得意な技術を伸ばし、苦手な技術を克服する。このサイクルが大切です。自分が取り組むべき課題を明確にしましょう。詳しいやり方については、後日また紹介します。

 

②簡単なトレーニングに取り組む。

腹筋、背筋、腕立て伏せ、ストレッチ、体幹トレーニングなど…。自分の体がなまらないように、刺激を入れましょう。体がしっかりしている選手の打球は威力があり、安定しています。

 

③トップ選手のプレーを見て学ぶ。

今の時代、ネットで検索をすればすぐにたくさんの情報が出てきます。トップ選手の試合などを見て、どのような技術を、どのように使っているのかを研究しましょう。上達の一番の近道は、上手な選手を真似することです。自分が必要だと感じたものをどんどん取り入れていきましょう。特に、同じ高校生の試合を見るのがお勧めです。自分と同年代の選手が、どのようなプレーをしているのか、よく研究しましょう。

 

このように、実際にボールが打てなくても出来ることはたくさんあります。「未来」で笑うために、「今」を磨いて積み重ねていく。目標を達成して全員で笑うために頑張りましょう!

 

くれぐれも体調には気を付けてください。

 

卓球部顧問Aより 

新人戦地区大会・県大会 結果報告

令和元年度埼玉県高等学校新人卓球大会に参戦してきました。1月27・29・31日に西部地区大会、2月6・7・11日に県大会が行われました。

 

西部地区大会の団体戦では、2回戦で武蔵生越高校、3回戦で細田学園高校を破り、準決勝に進出しました。準決勝では、坂戸西高校に惜しくも破れてしまいましたが、西部地区ベスト4に入賞し、県大会出場を決めることが出来ました。県大会では1回戦で坂戸高校を破り、2回戦で浦和南高校に惜敗しました。最終結果は県ベスト32という結果でした。強豪校相手に競ることは出来ましたが、あと一本を取りきることが出来ず、改めて実力の差を感じました。

 

個人戦では、シングルス2名ダブルス2組が激戦を勝ち抜き、県大会の出場権を獲得しました。その中では、初めて個人戦での出場権を獲得した選手もいました。努力している姿を間近で見ていたので、とても嬉しかったです。県大会では、シングルスは最高で三回戦進出(県ベスト32)という結果になりました。ダブルスでは二組とも二回戦敗退となってしまいましたが、試合内容としては練習の成果が見られるような良い試合だったと思います。

 

着任して約10ヵ月が経ちますが、選手一人一人がたくましく成長しているということを実感しました。チームの中心として引っ張てくれた2年生。率先して仕事をこなしチームを支えてくれた1年生。部員全員が卓球選手として、そして人間として、たくましく成長しています。今後がますます楽しみです。

 

これからも、上を目指して日々精進してまいります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

埼玉県ジュニア卓球大会(ダブルス) 結果報告

2020年1月6日(月)に行われました、埼玉県ジュニア卓球大会(ダブルス)に参加してきました。1ペアが、ベスト32に入ることが出来ました。冬休みの練習の成果が発揮できた試合になったと思います。

 

2週間後に迫った、新人戦の地区大会に向けて、より一層練習に励んでいきます。

 

今後も、卓球部の応援をよろしくお願いいたします。

 

学年別大会結果報告

2019年8月8日(水)に開催された、学年別大会に参加してきました。1年生の部で、1名がベスト64に入ることが出来ました。その一方で、上位校とのレベルの差を痛感させられる試合となりました。今後も目標に向かって精進してまいります。

関東大会県予選結果報告


5月3日(木)~5日(土)に上尾運動公園体育館で行われた関東予選県大会に出場しました。

 西部地区予選で1位通過した学校対抗(団体)のほか、シングルス3人、ダブルス2ペアが出場しました。団体は3回戦で細田学園に敗れベスト16、シングルスは1回戦、2回戦敗退でしたが、ダブルスは1ペアが3回戦進出、もう1ペアは接戦を勝ち勢いに乗り、ベスト8まで勝ち進みました。代表決定戦で敗れ、惜しくも関東出場はなりませんでしたが、強豪がひしめく中、大健闘と言えます。
 
次は6月のインターハイ予選県大会です。3年生にとっては最後の大会となるので、悔いが残らないよう思い切って向かっていってほしいです。